2008年10月

会社の成長意欲

昨日、浜松で、OMソーラーの加盟募集見聞会を開催しました。
昨今の外部要因を考えると、今後の注文住宅分野の1つのジャンルとして、
将来の電気代を節約できたり、CO2排出量を抑えられるOMソーラーは、
有望だと思いますし、来場いただいた皆様からもそのような感想をいただきました。

「この先は、この分野しかないんだよ」と言っていただく方もいらっしゃったので、
私たちとしても大変な励みになりました。

来場いただいたお客様の中には、
ユニキューブ事業の契約をいただいたばかりの会社様もいらっしゃいました。

営業ノウハウの構築などにもたいへんな意欲を持たれており、
既存事業の強化、新規事業の取り込みを積極的に検討されています。

若い社員の方々も、1日真剣に話しを聞かれており、
全員が会社の成長に対して考えられているように感じました。

こういう意識の高い会社様と良いお付き合いをしていきたいと思います。

2008年10月29日 水曜日 19:55 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

公共事業から民間事業へのシフト

公共事業を中心としている会社の役員の方と、
HySPEED事業の件で、打ち合わせをさせていただきました。

先方の役員の方が言われるには、
「公共工事がこの先、先行きが見えない。民間事業を立ち上げなければならない。
ただ、うちは民間事業は苦手だから、今は厳しいなあ。」
言われていることはたいへんよくわかりますが、
では結局いつ、民間事業に参入するのかということになります。

会社の存続は成長事業を自社の事業として保有できているかどうかだと思います。

公共主体で、売上減が確実だと考えられているなら、
民間事業に参入することは絶対条件となるのだと思います。

私達の感覚だと、既存の公共事業の仕事があるうちに、余力があるうちに、
少しでも早く、民間事業の立ち上げに取り組むという結論に行き着くのだと思いますが、
そこまで、意志決定をされようという様子も見られませんでした。

「このまま数年経つと・・・」と思う場面が何度もありましたが、
売り込みになっても申し訳ないので、
まだ余力がかなりおありなのだろうと理解をし、面談を終えました。
かなり複雑な面談でした。

2008年10月21日 火曜日 19:29 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

加盟枠の問題

昨日のHySPEED見聞会において、
申し訳ないお願いをすることになってしまいました。

弊社の事業提案の場合、たいてい、都道府県や市町村で、
導入企業様の数の制限を設けさせていただいています。

今回のケースは、前回の見聞会参加企業様が、
その都道府県での最終枠の権利を持って検討いただいており、
今日お越しいただいた会社様は、前回の会社様が導入見送りの判断を
されるまで、導入の検討をいただけないということになってしまいました。

せっかくのご縁なので、どちらの方にも導入いただきたいと思いますが、
やはりエリア枠制限は絶対的なもので、両社ともに導入いただくと、
それ以前に導入いただいた皆様に申し訳が立たないので、
残念ながらそのような提案となってしまいました。

とは言え、若い経営者の方で、「本事業云々は別として、
良いお付き合いを今後もお願いします」と伝え、面談を終えました。

2008年10月18日 土曜日 9:44 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

リライフクラブ、モバマーケの提案

今日は、ユニキューブに3年近く取り組んでいただいている、
ユニキューブサプライヤーズクラブ会員さんのところに、
リライフクラブとモバマーケの提案をさせていただきました。

全国大会等に良く参加いただいている部長さんには、
年に数回ご挨拶ができていますが、
社長へのご挨拶は、本当にご無沙汰でしたので、
HyAS&Co.のこの1年くらいの事業進捗の報告もさせていただきました。

2つの提案は、ともに、高い評価をいただき、早速取り組んでいただけそうです。

モバマーケは、住宅展示場での集客が厳しいこの時代にマッチした
新しいマーケティング手法で、まさにそのまま、ご理解いただきました。

リライフクラブは、営業マンがこういった手法で営業することの必然性を
ご理解いただいたのではないかと思います。

もちろん、リライフクラブも集客機能を持っています。

私たち自身が、たいへん大きな可能性を感じていますし、
これ自体が次世代の住宅販売の新たなモデルになると思っています。

両輪でしっかり立ち上げていただけるよう、
初動の支援をしっかりさせていただきたいと思います。

2008年10月9日 木曜日 22:37 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

HySPEED一次募集延長戦

9月末の予定が、希望者が多かったため、昨日、
延長戦ということで、HySPEED一次募集向け愛媛見聞会を開催しました。

多くの皆様に参加いただき、真剣に施工の見学をしていただき、
かつ、その他の説明を聞いていただきました。

この事業は、同業他社が全くやれていない付加価値型の営業をすることで、
大きな利益を獲得することが期待できます。

商品力+営業ノウハウを、フルに発揮すれば、
おそらく、同業他社とは、大人と子供くらいの差をつけた勝負ができます。

土木の方々に提案をすることが多いわけですが、
受け型の営業スタイル、事業展開を脱皮するきっかけとしても、
この事業への取り組みは役に立つことと思います。

一番印象に残ったのは、まさに、同業者の方が参加されており、
「これまでの経験で思っていたことをすべてまとめてもらった事業だ」
と評価いただいたことでした。

まさに、こういう方々が、次世代の営業展開をされるのに有効活用いただけると、
ありがたい限りです。

2008年10月8日 水曜日 12:30 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳
1 2
BACK

ページトップに戻る