2010年8月

日本経済を振り返る 低迷の本質は何なのか?

日本経済について今までを振り返りながら考えてみました。

■日本の経済成長率の推移を見てみよう!

ダメだ、ダメだ、と言われる日本経済。
一体いつから、なぜこうなってしまったんでしょう?
これまでの経済状況を10年スパンで振り返ってみましょう。

<日本の名目経済成長率の10年平均の推移>
・1961~1970  16.7%  
・1971~1980  12.4%
・1981~1990   6.2%
・1991~2000   1.1% 
・2001~2008  -0.2%

すごい凋落ぶりですね・・・。
(さらに…)

2010年8月31日 火曜日 17:50 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

またまた円高不況?

■今の政府にお願いしたいことは・・・?

ちょっと前に「今の政府に期待することは?」というニュースがありましたが、その第1位は「景気対策」でした。

リーマンショックから早2年。
「もう不況には疲れました。何とか景気回復を・・・。」という私たち市民の悲鳴ですね。

でも、「景気対策」などという曖昧な表現では、またまた勘違いしてバラマキの予算が取られかねませんので、もう少し具体的に言う必要があります。

私が思うに、「景気対策」の中でも特にこれ↓ですね。
(さらに…)

2010年8月17日 火曜日 13:06 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

「ゼロ成長でもいいじゃないか」で僕たちはホントにいいのか?

先日、「反成長論者」で有名なフランスの経済学者「セルジュ・ラトゥーシュさん来日」の記事が目に止まりました。

彼はこう語っていました。
「私が成長に反対するのは、いくら経済が成長しても人々を幸せにしないからだ。成長のための成長が目的化され、無駄な消費が強いられている。つつましくも幸福な社会を目指すべきだ。」
(朝日新聞7月30日付より)

「もう経済は十分成熟したんだからもうゼロ成長でもいいじゃないか」という「反成長」の考え方を昨今よく見聞きしますね。経済成長より心の豊かさを求めようというような話です。
(さらに…)

2010年8月3日 火曜日 21:20 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

ページトップに戻る