2011年9月

夜討ち朝駆けは違法です!

■不動産販売営業が規制強化されます

2011年10月1日から不動産取引に関する法律である宅地建物取引業法(以下、宅建業法)施行規則の一部が改正されます。その理由はこれです。
↓↓↓
<深夜や長時間の勧誘禁止=マンション販売の規制強化―国交省>
(時事通信 8月18日付)
『国土交通省は、マンション販売において悪質な勧誘が相次いでいるとして不動産業者に対する規制を強化する方針を決めた。宅地建物取引業法の省令を近く改正し、宅地建物取引業者がしてはならない行為に、深夜や長時間の勧誘で困惑させることや、迷惑な時間に電話、訪問することなどを追加する。
10月から新たなルールを適用する。勧誘時に社名や目的を明かさないことや、客が契約する意思がないのを示しているにもかかわらず勧誘を続けることも禁止行為に加える。』 (さらに…)

2011年9月27日 火曜日 11:21 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

エコポイント、フラット1%優遇が延長?

住宅購入を検討している人には朗報かもしれません。
住宅取得促進施策について動きがありそうです。

■エコポイント、フラット35S「1%優遇」が延長!?

<住宅エコポイント 国交相、3次補正で検討 優遇金利の再開も>
(日本経済新聞2011年9月9日付)
『前田武志国土交通相は8日、日本経済新聞などとのインタビューで、省エネ住宅の新築・改修時に商品に交換できる「住宅エコポイント」について「2011年度第3次補正予算案の中でやっていきたい」と述べた。東日本大震災の被災地などを対象に、低迷する住宅投資の支援策を導入する考えを示した。
国交相は、住宅金融支援機構が取り扱う長期固定金利型の住宅ローン「フラット35S」の優遇金利についても、「(3次補正の)対象にしたい」と表明。9月末に申請期限が切れるフラット35の1%優遇金利を、一部修正して10月以降に再開する意向を示した。』

住宅エコポイントは7月で終了しましたし、またフラット35Sの1%金利優遇も9月末で終わりです。これらの住宅取得促進施策の効果はとても大きいものがありました。お陰で住宅はかなり売れました。 (さらに…)

2011年9月13日 火曜日 14:29 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

ページトップに戻る