2013年3月

低所得者層の持家比率が高まっている理由とは?

今日は新聞記事を掘り下げてみてみました。ちょっと違和感がありましたから。

昨日、新聞の見出しを見て「ん?」とちょっと違和感を持った記事がありました。
結論は正しいのですが、その元になったデータの見方がちょっと違うんじゃないかな・・・と。

『持ち家8割、夢とリスク 低所得層で急増、価格・金利の低下追い風』(日本経済新聞 平成25年3月18日付)
<マイホームを持つ世帯の比率が上昇している。総務省の家計調査によると、2012年は2人以上の世帯の持ち家率が81.4%と前年から2.5ポイント増え、4年ぶりに過去最高を更新した。特に伸びているのは低所得層だ。庶民の夢がかないつつあるとしたら、その背景は何か。家計のリスクはないのだろうか。

世帯年収を5分割したうち一番低い層(平均年収263万円)の持ち家率は今年1月に82.4%で、直近で低かった11年7月から10ポイント以上も上昇した。年収別で3位の世帯(平均年収513万円)の80.1%を上回る。全体の持ち家率も83.7%で、比較可能な1995年以降で最高だった。>

これだけ見るといいニュースに見えますね。 (さらに…)

2013年3月19日 火曜日 15:12 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

金利上昇局面で変動金利の人ができることとは?

今日は金利上昇時の対応についてです。
変動金利の方はどうすればよいのでしょうね。

■いよいよ金利上昇?住宅ローンはどうなる?

住宅ローンを借りている方からご質問を多くいただくようになりました。
やはり心配なのは金利の上昇ですよね。

<アベノミクス効果、不動産市場にマネー流入の兆し 住宅ローン金利は上昇?> (2013年2月4日付  産経新聞)
『日銀による物価目標2%の導入で、消費者の住宅ローン金利動向に対する関心が高まっている。物価上昇に伴い金利が上昇すれば支払額が膨らむ可能性があるためだ。先行きの金利上昇を見越した住宅購入やローン借り換えに踏み切るケースの増加も予想される。住宅は人生最大の買い物なだけに、アベノミクスの影響を見極めようとする動きは今後も強まりそうだ。』
(さらに…)

2013年3月5日 火曜日 16:34 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

ページトップに戻る