2013年5月

シェールガス革命が日本にもやってくる?

■米シェールガスの輸入解禁!

先週土曜の夕刊トップの記事です。
ついに「きたー!」って感じですね。

<シェールガス、日本へ 米が天然ガス輸出解禁> (平成25年5月18日付 日本経済新聞夕刊)
『米エネルギー省は17日、新型ガス「シェールガス」の増産で価格が下がっている天然ガスの対日輸出を解禁すると発表した。第1号として中部電力、大阪ガスと契約しているフリーポート社(テキサス州ヒューストン)が液化天然ガス(LNG)に加工して輸出する事業を認可した。日本は原子力発電所の長期停止で火力発電用の燃料費負担が重くなっている。米国産LNGを安定調達できれば、発電コストを削減できるほか、他のガス産出国との価格交渉力も高まりそうだ。』

(さらに…)

2013年5月21日 火曜日 15:49 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

日本の小麦はなぜ高い?

最近色んなものが値上がりしています。
その中でも食料品の値上がりは厳しいですよね~。

■小麦価格値上げ!2007年の再来か?

この4月から小麦の政府売り渡し価格が約1割値上がりしました。
言うまでもなく、小麦はパンやうどん、パスタなどの原材料であり、今やお米に次ぐ日本の主食です。
一人当たりの年間消費量で言うと、お米58㎏に対して、小麦33㎏だそうです。年間総消費量でいうとおよそ670万トンくらいですが、そのおよそ9割を輸入でまかなっています。小麦の輸入価格の上昇は家計にも少なからぬ影響を及ぼしますよね。

<輸入小麦価格9.7%上げ 円安などで4月から 農水省「食卓への影響は限定的」>(日本経済新聞 2013年2月27日付)
『農林水産省は、国が輸入して国内の製粉会社に売り渡す小麦の価格を4月1日から平均9.7%引き上げると発表した。小麦の国際価格の上昇や円安が進んだことで、輸入価格が上がったことが理由。値上げは2期連続。(中略)農水省は「食卓への影響は限定的」としている。』
(さらに…)

2013年5月7日 火曜日 17:31 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

ページトップに戻る