2016年10月

「貯蓄から投資」が進まないのはなぜか?

今回は、貯蓄と投資についてです。「貯蓄から投資へ」と言われて久しいですが、なかなか進みませんね。なぜでしょう?

 

■日本の家計金融資産の中心は、現金・預金

日本の家計はどうしても投資ではなく、現金・預金が多くなるんですよね。

<家計金融資産、7年ぶりに2期連続マイナス 4~6月期の日銀統計>
(2016年9月26日付 日本経済新聞)
『日銀が26日発表した2016年4~6月期の資金循環統計(速報)によると、家計が保有する金融資産は6月末時点で前年比1.7%減の1746兆円だった。3月末時点に続き、2四半期連続で前年を下回った。』

家計の金融資産が1746兆円もあるのはびっくりですが、そのうち、株式や投資信託の評価額が株式相場の下落の影響で目減りしているようです。株式が16.6%減の144兆円、投資信託が11.7%減の87兆円となった一方、現金・預金は1.2%増の920兆円となっています。

この日本の家計金融資産を構成比率でみると、現金・預金52%、保険・年金30%、株式・投信15%、その他3%になります。

よく比較されますが、アメリカではこの構成比率が、現金・預金14%、保険・年金31%、株式・投信29%、その他26%です。(2015年度時点:平成28年9月金融庁金融レポートより)

日本は現預金比率が比較的高いのです。
アメリカでは家計資産の多くを投資に回しているために、投資の配当やキャピタルゲインなどの財産所得が家計の1/3を占めます。一方、日本では、財産所得は勤労所得の1/8にしかすぎません。
銀行に預けていても利息はつきませんからそうなりますよね。

(さらに…)

2016年10月18日 火曜日 15:55 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

好調な住宅業界 住宅業界が今考えるべき「その時」のこととは?

今回はマイホームについてです。住消費者の皆さんにはチャンスですが、住宅会社にとっては別の懸念もありますね。

 

■住宅着工は好調

世の中、景気が良いのか悪いのかよくわからない状況ですが、住宅の着工は好調のようです。

<8月の住宅着工2.5%増 アパート好調で貸家は9.9%増>
(2016年9月30日付 日本経済新聞)
『国土交通省が30日発表した8月の新設住宅着工戸数は、前年同月比2.5%増の8万2242戸だった。プラスは2カ月連続。相続税の課税強化を背景にアパート建設が好調で、貸家は9.9%増の3万6784戸となった。新設着工の年率換算値(季節調整済み)は前月比4.9%減の95万6千戸。』

住宅着工は、賃貸住宅が前年同月比で9.9%も増加していて、これで10か月連続の増加です。持ち家も前年同期比4.3%の増加で、こちらも7か月連続の増加となっています。住宅業界は現在「活況」であると言えるでしょうね。

(さらに…)

2016年10月4日 火曜日 18:21 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

ページトップに戻る