大廃業時代を迎える日本の中小企業。さて防ぐ手立ては?

今回は中小企業の事業の存続についてです。
廃業?それともM&A? そのために必要なこととは?

 

■大廃業時代を迎える日本の中小企業

日本の企業の99%を占める中小企業。全国各地の中小企業の発展こそが日本経済の発展といっても過言ではないわけですが、中には黒字であるにも関わらず存続の危機にある中小企業が多く存在します。その理由は…こちらです。
↓↓↓

<大廃業時代の足音 中小「後継未定」127万社>
(2017年10月6日付 日本経済新聞)
『中小企業の廃業が増えている。後継者難から会社をたたむケースが多く、廃業する会社のおよそ5割が経常黒字という異様な状況だ。2025年に6割以上の経営者が70歳を超えるが、経済産業省の分析では現状で中小127万社が後継者不在の状態にある。優良技術の伝承へ事業承継を急がないと、日本の産業基盤は劣化する。』

多くの中小企業が、「後継者がいない」ことを主たる理由として廃業が増えているとのことです。2025年には日本の中小企業経営者の約6割にあたる245万人が65歳以上になります。そのうち約半数にあたる127万人の経営者には後継者がいないのだそうです。

今、廃業している企業のおよそ半数は黒字。「赤字企業の廃業はやむなしとしても、黒字企業の廃業は経済全体の効率を下げる」とのことで、経済産業省では、「この状況を放置して2025年を迎えると、約650万人の雇用と22兆円のGDPが失われる」と試算しているそうです。

「政府は大廃業回避へ5年程度で集中的に対策を講じる構えだ。」と記事は結んでいます。

この、経営者の高齢化と後継者不足による黒字中小企業の廃業について政府が対策に乗り出すということです。さてどんな対策をするのでしょうか。

(さらに…)

2017年10月17日 火曜日 14:48 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

幼児教育・保育料無償化は物価のマイナス要因?

今回は「幼児教育・保育料の無償化」についてです。
保育料を無償化すると景気にはマイナスになる?プラスになる?

 

■幼児教育・保育料無償化は物価のマイナス要因?

衆議院の解散後、新党が続々誕生したりしてにわかに政界が賑やかになってきましたね。
新しい政党の政策はまだはっきりとしませんが、自民党の政策はこれまでにかなり明確になっています。そのひとつが「人づくり革命」というもので、なかでも「幼児教育・保育料無償化」は子育て世代に向けて選挙期間中も前面に押し出していくことと思います。

その「幼児教育・保育料無償化」を実施すると、経済指標が悪くなるという記事がありました。安倍政権と日銀が目指しているデフレ脱却に向けての足かせになるのでは?ということです。
さてどうなんでしょう?
↓↓↓

<幼児教育・保育料無償化 物価押し下げ要因に 目玉政策、日銀に逆風か>
(2017年9月29日付 日本経済新聞)
『安倍晋三首相が「人づくり革命」の新たな目玉政策として、3~5歳の幼児教育・保育料を無償化する方針を打ち出した。子育て世帯にとって一見朗報だが、デフレ脱却を目指す日銀には悩ましい。教育無償化は消費者物価指数(CPI)を大きく押し下げ、2%の物価目標達成の足かせになりかねないからだ。』

この「幼児教育・保育料の無償化」の政策が実現すると3~5歳の子供の保育料がゼロになります。またその世帯の所得に応じてですが、0~2歳の保育料の軽減や免除も検討されています。

これは子育て世代にとっては家計の負担軽減になるので歓迎すべきですね。ただ物価の統計上は「保育料の値下がり」ということになるようで、結果として消費者物価指数を大きく引き下げることになる、試算によると約0.7%も下がることになる、ということのようです。

日銀の至上命題は「デフレ脱却」して景気を安定的に回復させることです。政策目標としては「2019年度、2%の物価上昇」を目指しています。それが0.7%もの押し下げ要因があるというのは、確かに日銀にとっては穏やかではないかもしれませんね。

(さらに…)

2017年10月3日 火曜日 16:49 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

「今の生活に満足」が過去最高の73.9% これは諦めの哲学なのか?

今回は「国民生活に関する世論調査」からです。
さて、あなたは今の生活に「満足していますか?」

 

■「今の生活に満足」が過去最高の73.9%。これは諦めの哲学?

日本経済新聞の人気コラムである『大機小機』。私も必ず読んでいますが、そこで興味深い話がありました。
さて、皆さんはどう思われますか?
↓↓↓

<満足していますか? 「大機小機」>
(2017年9月8日付 日本経済新聞)
『世の中なにかと暗いニュースが多い中、8月26日に内閣府が公表した「国民生活に関する世論調査」の結果は、おやっと思わせる内容だった。(中略)
「あなたは、全体として現在の生活にどの程度満足していますか?」という質問に対して、「満足」と「まあ満足」を合わせた人の割合はなんと73.9%。過去54年間で最高の「満足度」を記録したのである。(中略)
これは一体どういうことなのだろうか。
先進国ではまれと言っていいほど賃金が上がらず、非正規雇用は4割に達しようとし、格差が広がり、社会保障の将来は不安であり、20年デフレが止まらず、さらに近隣からミサイルまで飛んでくる。
それでも4分の3の人は現在の生活に満足しているのだ。なぜだろう?」

日本国民のおよそ4分の3が現在の生活に満足しています。しかもこれは過去最高の水準とのこと。
こんな不安定で先行き不透明な時代にも関わらず皆が満足しているのはなぜなのか、と疑問を呈しておられます。

そして、「大機小機」氏はコラムの結びとしてこのように心配されています。
『「満足」は目標や願望と現実のギャップに依存する。過去十数年の上昇は、現実が良くなったのではなく、目標を下げたからだとしたらどうだろうか。日本人はついに「諦めの哲学」を身につけたということかもしれない。』

(さらに…)

2017年9月19日 火曜日 14:36 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

金融庁検査局が廃止!検査局が金融機関にもたらした功罪とは?

今回は、「金融庁検査局廃止」についてです。
検査局が日本の金融機関にもたらしたものとは何だったのでしょうね。

 

■あの「金融庁検査局」が廃止!

あの、ドラマ「半沢直樹」で銀行の敵役として出てきていた「金融監督庁検査局」。
その検査局が廃止になるようですよ。
↓↓↓

<金融庁、検査局を廃止へ 金融危機からの体制を転換>
(2017年8月22日付 朝日新聞)
『金融庁は来夏に大幅な組織再編を行う方針を固めた。金融機関の不良債権を厳しくチェックしてきた検査局を廃止し、監督局に統合する。1900年代の金融危機からの体制を改め、検査と処分重視から、金融機関の経営課題を把握し、対話を通じて解決する方向へ転換する。前身の金融監督庁が発足した1998年から約20年ぶりの抜本的な組織再編となる。』

一般の方には馴染みはないと思いますが、銀行員が「金融庁検査」と聞くと、おそらくほぼ全員、苦い思い出しかないと思います。

金融庁検査局は大手銀行を中心に順番に回って、融資先に問題がないかを検査しにやってきます。
私は、1990年から2000年にかけて某都市銀行に勤めていましたが、大きな支店の融資担当をしていた時に検査局の臨店検査を受けたことがあります。
検査が入りますともう通常業務はすべてストップです。検査期間中は、ほぼ銀行に泊まり込み状態で、検査官が要望する融資先の資料づくりと検査官に対する説明に追われます。

銀行にしてみれば、検査官から「これは不良債権だ」と認定されると、損失が増えてしまうわけで、取引先から融資を回収しないといけなくなります。
ですから、必死で「これは健全な融資です!」ということをいろいろな資料を用意して説明するのです。
しかし、検査官の指摘ときたら、もうそれはそれは厳しくて…。
「これが『重箱の隅をつつく』ということか」という思いをした記憶が鮮明にあります。思い出したくもない出来事のひとつですね。

(さらに…)

2017年9月5日 火曜日 19:48 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

日本の平均給与は420万円。さて、平均ってどこの誰のこと?

今回は統計データの見方についてです。「平均」が一番わかりにくいかも。

 

■日本の平均給与420万円。だから家が売れない?

先日、前提となる認識を合わせないとちゃんとした話にならないな、ということがありました。

ある地方の住宅会社の社長さんと雑談をしていた時のことです。
↓↓↓

私 「日本の景気は良くなっているみたいですね。社長のところはいかがですか?」
社長 「いや地方は厳しいですよ。景気は全然良くないですよ。日本経済はむしろ停滞していますよ。」

自分は市場をよく分析していると自認していらっしゃる社長はこう続けます。

「川瀬さん知っていますか?日本の平均給与は420万円ですよ。最近少し上がってきてはいるもののまだリーマンショック前にまだ戻っていませんしね。
ウチのターゲット層である30代から40代は本当に厳しいですよ。だから自社の住宅ももっと価格を安くしないと売れない。
今、1000万円くらいのローコスト住宅をやろうかと思っているくらいです。」という話でした。

私は「(ちょっと認識が違うな…)」と思いつつ、
「最近の若い人は質にこだわる層も増えていますから、安かろう悪かろうではダメではないでしょうか?」というような話をしましたが、結局最後までかみ合わないままでした。

(さらに…)

2017年8月22日 火曜日 16:49 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志
1 2 3 4 5 ... 60
BACK

ページトップに戻る