R+house

R+house全国大会

昨日に引き続き全国大会で、多くの住宅会社経営者に集まって頂いた。

R+house全国大会

今日はR+house。資産価値の高い家づくりに賛同をいただいている住宅会社の集団である。
現在、全国で100エリアを超えて展開しており、ほぼ全ての都道府県で、R+houseの建築ができるようになってきたので、たいへんな盛り上がりであった。

住宅事業を初めて3年の会社がR+houseで36棟ペースを超えてきている事例、創業1年で年間20棟ペースに乗ってきた会社の事例、土木専門の会社が年間6棟ペースに乗ってきた事例などを通じて、各社の取り組み内容が詳細に発表された。

R+house全国大会表彰式

ある意味、R+houseの家づくりの正しさが証明されたようにも思う。

豊富な営業ツールのさらなる追加、オリジナルデザイン部材発表やさらなるコストダウン、新研修体系やその他住宅会社としての武器一式など、HyAS&Co.からも多くの発表をさせていただき、参加頂いた方からは盛りだくさん過ぎる、と言われるほどの内容だったと思う。

R+house全国大会(2)

このネットワークは、エリア充足率も上がってきた中で、導入を検討いただく住宅会社も増え、時代の波に乗って、今後益々、発展していくことを確信しつつ、会を終えることができた。
今後も、資産価値の高い家を提供する集団として頑張っていきたい。

2012年2月18日 土曜日 6:57 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

R+houseフォローアップ研修

昨日は、R+houseネットワークのトップ企業の皆様にお集まりいただき、フォローアップ研修を開催させていただいた。

「高性能なデザイン住宅を手の届く価格で」
をキャッチとしたR+houseの最近の勢いは、ますます加速しているような気がする。

前の会社の住宅づくりをする体質が嫌いで、約1年前独立した若い経営者の住宅会社は、創業当時からR+houseを取り組み、わずか1年で、地域に認知される住宅会社となった。その社長の頑張りは頭が下がるとしか言いようがないが、正しいものを提供しているということに対しての強い自信が重要であるとコメントされていた。

日本の住宅は、まだまだレベルが低く、勉強不足の住宅会社が多い。
高気密高断熱などは今後確実に常識になっていくのは国の方針から見ても明らかで、2020年の省エネ義務化に向けて、すごい勢いで業界が変わっている。
R+houseは、その流れに取り残されない集団として、さらに強くなっていきたいと思うが、そういった世の中の流れに乗れず、2020年以降建築ができなくなる住宅会社も多いはず。経営者が自ら学習をし、軌道修正をすることが何よりも重要で、社員の運命や生活、施主さんの人生もこれで決まってしまう。

2012年1月17日 火曜日 6:09 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

R+houseベンチマーク研修

2月~5月の期間で開催している新規入会の会員さん向けのベンチマーク研修の2回目。
2ヵ月目にして、プラン申し込みが4件入っており、今月はさらに多くのプラン申し込みが入りそうな勢いである。

R+houseベンチマーク研修

昨年後半に開発された新ツールの「打ち合わせ記録書」の使い方が良い。
お客さんとの打ち合わせにおいて、複写式となっているこのツールを使うことで、誰でも、R+houseの営業を正しく行えるような書式になっている。
開発時に私たちは「大リーグボール養成ギブス」と呼んでいたが、その通りの効果を発揮しているようである。

ハードルとR+houseのフレーミング項目のチェックをしながら、案件攻略の作戦を検討するオープンボードの使いた方もしっかりしている会社が多い。
やはり、細部に存在するノウハウを忠実に活用することが最大のポイント。

R+houseは他社に対して大きく差別化を図ることができる商品であり、また、それをしっかり説明するためのツールが揃っているので、的確に使っていただくことで大きな成果が出るはずである。
こういう場面で、より深く確信をさせていただくことができ、元気が出る。

2011年3月9日 水曜日 21:58 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

R+houseスキルアップ研修

先月に引き続き、同じメンバーで、R+houseスキルアップ研修。
先月以上に、皆さん、見込み案件が出てきており、3月、4月の業績が楽しみである。

土地なし客対策については、ミニ分譲地をうまく使ったり、フラット35sによる時期クロージングの精度を上げたりと、良い取り組みが展開されている。
また、現場見学会とOB宅訪問のうまい使い方、さらにはweb戦略などについての議論も活発に行われ、早速明日から使えるノウハウの展開がなされたように思う。

さらに、参加いただいている各社さんの最近の傾向として、案件レビューの精度がたいへん上がってきているように思う。
レビューのやり方や頻度などは、業績確保の上では最も重要なことなので、本研修の中でも、各社さんの具体的な案件に基づいて、合同案件レビューを行った。
こういった点は、マニュアル等の文書ではなく、このような場面で、時間を共有しながら学んでいくことが重要になる。
次回も、この時間はしっかり確保をしたいと思う。

2011年2月24日 木曜日 23:05 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

九州のR+house加盟店さん

昨日は、私の担当させて頂いているR+house加盟店さんのところで打ち合わせ。
初年度は営業体制実質1名でスタートを切り、成果を上げられたが、今年は2年目で、3名の営業体制でスタートを切られており、完工ベースでの目標棟数も20棟を超える。
今後の集客施策などを共有させていただき、私からも不足スキル改善のための対策をご案内させていただく。
夜遅くまでお世話になったが、新組織は勢いも個性もあり、今後が楽しみである。

毎月打ち合わせの場を持たせてもらいつつ、
できる限りのサポートをさせていただきたいと思う。

2011年2月17日 木曜日 8:17 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳
1 2
BACK

ページトップに戻る