ユニキューブオーナーインタビュー

本日、ユニキューブ開発元の安成工務店の協力により、
ユニキューブ建築オーナーと入居者にインタビューを実施させていただきました。

最初に、ユニキューブをインカム住宅(2棟建てて、1棟を自宅、1棟を賃貸とするパターン)
として建築されたオーナーさんにいろいろとお話を聞くことができたので、
本日は、そちらの速報をしたいと思います。

この方は、当初、「土地+注文住宅」という一般的な建築を考えられていましたが、
この「インカム住宅」という考え方を知り、計画変更をされたようです。

普通に注文住宅を購入すると、25年間にわたって、月々7万円以上のローンを払い続けなければ
ならなかったみたいですが、インカム住宅に変更したことで、家賃収入が入るので、
25年ローンで、月々の支払いは、わずか「9,000円」とのことでした。

購入前は、賃貸住宅にお住まいで、家賃を払っていたわけですので、
それが、月9,000円になったことで、生活も楽になります。

溜まった貯金を、ローンの繰上げ返済に充てることで、
ローン期間も、見通しとして、12~13年になる予定だそうです。

当然ローンが終われば、逆に、老後の月々の収入を産む資産に変わります。

年齢が46才の方でしたので、25年ローンを払っていると、71才になってしまいます。

年金問題が表面化してきた社会背景において、オーナーさんの生の声を聞いていると、
やはりこの考え方は、時代の流れにマッチしていると、強く感じました。

住宅を「負債」から「資産」に変えることで、豊かさが増すだけでなく、
その後の人生の選択肢の幅(老後の住み替えや困った時の部分売却など)が広がる、
という事例を実感した瞬間でした。

070211_121706.jpg
<写真の奥が自宅、手前が賃貸>

2007年2月11日 日曜日 17:41 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

ユニキューブwithペット

年末年始と更新が滞ってましたが、あらためて活動報告をしていきたいと思います。

昨日、ユニキューブwithペット(第1号物件:下関の安成工務店建築)を
じっくり見させていただきました。

そもそもペット対応できる賃貸物件は希少価値がありますが、
戸建賃貸でのペット対応ということで、
この仕様も、市場に受け入れられるものと実感しました。

東京からお越しになられていた不動産会社の経営者の方も、
「都内にこの物件があれば、家賃も・・・」とたいへん高く評価いただきました。

戸建賃貸No.1ブランドとして、確固たるポジションを確保するため、
今検討している新商品や新サービスを、次々形にして行きたいと、
あらためて、強く決意をしました。

2007年2月9日 金曜日 17:39 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

デコスドライ工法説明会(愛媛県松山市)

昨日10/31に、愛媛県松山市において、
デコスドライ工法説明会を開催させていただきました。

デコスドライ工法は、高品質の断熱材で、
ここ数年、少しずつ、全国的な広がりを見せています。

http://www.decos.co.jp/
リフォーム会社の方に言わせると、日本の木造住宅は15年も経つと、
たいていは構造体に腐食している箇所が見つかるそうですが、
その最大の原因は、内部結露によるものだそうです。

構造体が腐食をしてしまうと、建物の資産価値は極めて低くなるだけでなく、
地震などによる倒壊の危険性が高くなります。

デコスドライ工法により建築された住宅は、
20年間の壁体内無結露保証がされており、
それだけ、内部結露を引き起こさないという自信の現れです。

たいへん安心で、かつ、住宅の資産価値を高く維持することができると思います。
戸建賃貸ユニキューブで、この断熱材を標準仕様としているため、
ユニキューブの需要の伸びに伴い、このデコスドライ工法に関しても、
全国的な施工網の整備が必要とされるようになって来ました。

参加いただいた中には、最後まで熱心に質問いただいた
建材会社の若い専務様がいらっしゃいました。

こういう若い方がこの事業に賛同いただけると、
ますます大きな力となり、デコス、ユニキューブの更なる発展が期待できると思います。
(もちろん事業として展開いただく企業様にとっても大きな1本の柱になることと思います。)

2006年11月1日 水曜日 17:36 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

新商品/楽楽館モデルハウス見学会

新商品である楽楽館(私的年金形成型賃貸併用住宅)のモデルハウス第1号が完成し、昨日、一昨日と見学会を開催することができました。

モデルハウス所在地は、草加市長栄町で、楽楽館共同開発企業であるリアルウッドにより建築いただきました。

061029_161631.jpg
私自身は昨日(29日)に、見学会会場を訪れ、その様子を確認しました。

特に大都市では希少価値のあるメゾネット型ガレージハウスで、これなら、入居率も高く維持できると、実物を見て確信しました。

また、施主様にとっては、実質ローン0円で、これだけの建物を建築し、自分自身も住むことができるので、たいへん画期的なことだと思いますし、何と言っても、ローン期間が終わった老後には収入を産む(月20万以上)ため、公的年金が崩壊している今の日本の社会で大いに求められるものだと思います。

持っている資産は「わずかな土地だけ」という方は世の中にたくさんいらっしゃると思います。

その唯一の資産である土地に、小家族にとって必要以上に大きな建物(自宅)を建てるのではなく、自分も住みつつ、その小さな土地がきちんとした老後の収益を生むという仕組みは「賢い住宅取得方法」として、今後多くの方に受け入れられることだと思います。

見学会に来場いただいた大半の方が、そのような実感を持っていただけたたようで、注文住宅が先細りの中、大きな建築ブームを巻き起こす予感がしました。

2006年10月30日 月曜日 17:33 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

ユニキューブ下関見学会(10月最終)

今月最後の下関ユニキューブ見学会を昨日開催させていただきました。

参加企業の皆様は、実際に建物を見学いただき、
また、安成工務店開発責任者の説明をお聞きいただき、
ユニキューブの商品性を十分に理解いただけたようでした。

今月で、私達がユニキューブの全国展開をしはじめて、ちょうど1年半が経ちますが、
その間、「戸建賃貸」という言葉も、市場認知いただけており、
最近はかなりの予備知識を持たれて参加される方が多くなったと感じます。

今後も、ユニキューブが戸建賃貸No.1ブランドとして、より多くの方に活用いただけるよう、
HyAS&Co.としても、今まで以上に力を入れて行きたいと思います。

しかし、日々多くの経営者の方と接して感じるのは、
従来の注文住宅事業、公共事業の厳しさです。

その中で、この市場環境を当事者意識で受け止め、
しっかりとスピーディーに舵取りをされる多くの経営者の方とお話ができる
私達の環境は、ある意味毎日が新鮮で、恵まれていると感じます。

2006年10月24日 火曜日 17:30 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳
NEXT
1 ... 55 56 57 58 59
BACK

ページトップに戻る