コラム:贈与税 /創刊号 2009/7

(ページ:1/2)

~住宅資金贈与500万円非課税枠は使われるか?~

ハイアス・アンド・カンパニー(株)取締役常務執行役員 川瀬 太志

今回は、新しく500万円の非課税枠が出来た「贈与税」についてです。
住宅購入の頭金をご両親に出してもらうにはとてもよい制度だと思うのですが…。
いつも参考にしている新聞の日曜版の「マネー生活」で「贈与税」についての特集記事がありました。

『贈与税、住宅購入で新非課税枠』『景気対策の一環として、贈与税に新たな非課税枠が創設された。住宅の新築・購入や増改築に充てる場合に限って親や祖父母などからもらったお金について年間500万円まで、贈与税が時限的(2010年12月末まで)にゼロとなる。20歳以上の人が家を買ったり建てたり、増改築するためのお金を親や祖父母からもらったときに使える。既存の非課税枠(年間110万円まで)との併用もできるので、年間610万円まで贈与税はかからない。』

今回の500万円の贈与非課税枠の狙いは、比較的資産を持っている親世代から資産がない子世代への資産移転を円滑に進めて、かつ住宅需要を刺激して景気対策にもしよう、というものです。「過去最大の住宅ローン減税」とともに住宅取得促進の目玉的制度として位置づけているようです。
さて、効果はあるんでしょうか?

page: p1 p2

ページトップに戻る