太陽熱利用と再資源化 /3号 2009/10

(ページ:1/4)

OMソーラーの取り組み

これからの指針として

先月22日ニューヨークの国連本部で開幕した国連気候変動サミットにて、鳩山由紀夫首相は2020年までに1990年比25%の温室効果ガスを削減するという中期目標を「国際公約」として表明しました。25%という数字は主要国との比較でも踏み込んだ目標であり、日本の温暖化対策を大幅に前進させるものだといえますが、あらゆる分野での改善を総動員しなければ達成が困難であることはご承知の通りです。
view3-2-1

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る