ドイツの環境先進住宅モデルから見る日本の将来 /4号 2009/12

(ページ:1/6)

村上 敦氏基調講演より

皆さん、“ピークアウト”という言葉をご存知でしょうか。最近、新聞等の環境に関する話題の中で目にする機会があるかと思いますが、この言葉の意味は「頂点に達すること」。間もなく化石エネルギー源がピークアウトする、すなわち化石エネルギーの消費量が生産量を上回ろうとしています。

環境先進国であるドイツ政府は、2014年にピークアウトを迎えると予想しております。原油や天然ガスの生産量が下がるとどうなるでしょうか。ガソリン代、電気代はもとより衣料、食品、電化製品に至るまですべての物の値段が上がります。昨年、ガソリンが200円/Lに届こうかというところまで価格が上昇したことは記憶に新しいと思います。この時は、その後のリーマンショック、サブプライムローンの影響で大幅に値下がりをしましたが、実はそのままガソリンの価格が上昇し続けてもおかしくない状況にあるのです。もしガソリンが1,000円/Lになったら…そんな時代が訪れることを想定し、世界各国が国家規模で基準や法律の整備を急ピッチで進めています。

それは、住宅・不動産分野でも例外ではなく、今後、エネルギーを効率的に活用できる住宅、耐久性能の高い住宅、既存住宅の再利用などが普及・促進するような施策が次々と打たれていくでしょう。激変する社会状況の中で企業はどう対応していけばよいのでしょうか。そのヒントはドイツにあります。鳩山政権の環境政策はドイツを参考にして作られています。そこで、環境先進国ドイツにおける最新の住宅動向について、ドイツ在住の環境ジャーナリスト村上敦氏にご紹介いただきながら10年後の日本の住宅不動産動向を考えてみたいとおもいます。

ストックとして価値のある住宅(ドイツの事例)

環境ジャーナリスト村上敦氏今、アメリカの原油1ガロンの価格は4ドルですが、6ドルから8ドルくらいになるとほとんどの飛行機会社は倒産し、ピックアップやSUVといった車は全く売れなくなるだろうと言われています。このようにガソリンの価格が現在から1.5~2倍になることで人々の生活は大きく変わるといわれていますが、この時に人々がどんなライフスタイルで生活をしているのかを想像するとこれからのビジネスの方向性が見えてきます。

page: p1 p2 p3 p4 p5 p6

ページトップに戻る