平均受注額500万超!リフォーム事業の常識を破る!

(ページ:1/2)

「ReNAVI」間もなくリリース!

 日本の住宅ストック数は世帯総数を上回る約5,000万戸に達し、新築市場は今や成熟段階に入ろうとしています。
 しかし現在のストックのうち1,000万戸近くはリフォームもしくは建て替えが必要な時期を迎えており、特に今後の大きな伸びが予測されるのがリフォーム需要と言われています。現在日本のリフォーム市場規模は約7兆円と推計されています。
 景気停滞によりここ数年は抑制傾向にあったものの、ニーズが顕在化すればこの市場はこの数年で約9兆円を超える規模になると推測されています。

 また、近い将来、新築住宅と市場規模が逆転すると言われているリフォーム市場ですが、多くの会社で収益事業として成功を収めている会社は少ないようです。住宅事業と同様に販促費をかけてもクロスの張替や水回りの交換などの低額受注が多く、利益確保の柱となる事業として成り立たせるのが困難というのが現状ではないでしょうか?

 では、リフォーム事業を収益事業として成功させる「鍵」となるのは何なのでしょうか。下図表は、リフォームの契約に至った要因を分析したデータです。

HyAS_View05_13

 お客様が500万円以上のリフォームの契約に至る要因の上位となっているのは、「会社の信用・知名度」、「デザイン・提案力」、「担当者の対応・人柄」の順となっています。そして、多くの地域住宅会社は、この要因に対して二の足を踏んでいるのが現状ではないでしょうか。
 また別の顧客調査では、「高額のリフォームやデザイン性の高いリフォームを行おうとした場合どこへ相談すればよいのか分からない」との調査結果もあるなど、お客様からの要望は非常に強い分野にも関わらず、その敷居の高さ(提案力やデザイン力不足)から参入が難しい領域となっているようです。まさに大きな潜在需要が眠っている市場であります。

リフォーム事業の常識を破る「ReNAVI」とは?

 仮に、この領域に参入できるなら「競合は皆無」であり独占的なリフォーム事業の実現が可能になります。

page: p1 p2

ページトップに戻る