コラム:不景気の今だからこそ質的転換に注目しよう!

(ページ:1/2)

ハイアス・アンド・カンパニー(株)取締役常務執行役員 川瀬 太志

~アパレル業界に見る構造変化とは?~

消費不振が言われて久しいですね。
<ダイエー売上高 32年ぶり1兆円割れ 3期連続で最終赤字>

(日本経済新聞2010円4月10日付)

『ダイエーは2010年2月期連結決算が売上高9,868億円(前期比6%減)、最終損益は118億円の赤字になると発表した。衣料品や日用品などが不振だった。この低迷は続く見通しで、来期の2011年2月期の連結最終は55億円の赤字になると発表した。』

百貨店やスーパーの決算は軒並み「赤字」です。「消費者のサイフのヒモは緩む気配がまったくありません…」(大手スーパー幹部談)という現場の悲鳴は当分止むことはなさそうですね。

消費不振と言えば「百貨店・スーパー」の○○?

実際、消費はここ数年ずっと低迷しています。内閣府の「家計調査年報」の「家計消費」によると、5年前との比較では消費全体でおよそ2.5%減少しています。減少した項目でみると、

・ダントツトップが「衣料」でマイナス10%強。
・第2位が「住居」でマイナス6.5%。
・第3位が「家事用品・家具」でマイナス2%です。

業態別で見ると、「スーパー」と「百貨店」が大きく販売額を落としています。販売額の減少はスーパーと百貨店全体で1兆円以上です。
だから、一般的に新聞などで「消費不振」というテーマになると、『百貨店・スーパーの売上が激減、特に「衣料」の落ち込みが激しい』といった内容が多くなるわけですね。
ただこういう発表だけを見ていると世の中の動きを正しく見られななってしまう可能性があるな~、といつも思っています。

page: p1 p2

ページトップに戻る