相続診断アセットドクターエクスプレス

(ページ:1/2)

地元密着企業が相続を絡めて収益を得るために!

相続・贈与の市場拡大と共に不動産が動く

これからの15年間で、相続の発生により約160兆円の資産継承が発生することをご存知でしょうか?

人口のボリュームゾーンである団塊世代が受け取る相続資産は約90兆円あると言われています。現在までに約67.7兆円の相続が終わっていますので残りは約20兆円です。またその団塊世代の下の世代(親世代が75歳~ 85歳前後)はこれから約140兆円の相続財産を受け取るとの試算が調査機関から出ています。合計するとおよそ160兆円の資産承継が行われることになります。高齢世代の保有資産の約7割は不動産という統計がありますので、約110兆円の不動産が向こう10年〜20年の間に動くことになります。この大きな市場に対して地元密着で活動している不動産・建設会社はどのような働きかけを行うべきでしょうか?

相続・資産コンサルティングへの参入とスキームを

先行して相続マーケットの攻略をしている企業は「相続・資産コンサルティング」の看板はあげています。「私たちは相続・資産に関して相談に乗ることができます」というメッセージこそ出しているものの「相談に乗るための仕組み」は十分に作れてはいません。現実的には、建設会社や不動産会社が相続を切り口に市場で収益をあげている例は多くはありませんが、逆に相続・資産コンサルティングを誰でも対応できるビジネススキームに置き換えることができれば、この相続市場で収益を得るキッカケを得ることが可能になると考えられます。

page: p1 p2

ページトップに戻る