GW期間で500組以上の集客をした驚異のモデルハウス

(ページ:1/4)

アトリエ建築家デザインの威力とそれを活かした細やかな工夫

「住宅需要が少し上向きになった」と、この数カ月お聞きすることが多くなりましたが、今年のゴールデンウィークの集客はいかがだったでしょうか?
全国的には好調だったようです。

その中で、弊社が本部運営をするR+houseモデルでは、ゴールデンウィーク期間中だけで、500組以上の集客を実現している住宅会社様(以下、E社)がいらっしゃいます。もちろんその後も、毎週30組程度(月換算120~150組)の集客が続いており、既に数ヵ月分の見込み客が発生しています。
このモデルハウスは、大手メーカーも建ち並ぶ分譲地に建築されています。
1年後は、土地建物セットでの販売を予定して、経営リスクを抑えるという方式の、いわゆる「移動式展示場」です。
E社の社長様は、同じ分譲地内の他の住宅会社と比較して、最高の集客数だったのではないかという感触を持たれていました。
建築面積で他社の物件と比較すると、最小の建物なのですが、その小ささを全く感じさせないモデルハウスです。集客の最大のポイントは目を引くデザインです。R+houseシステムでは、モデルハウスも含めたすべての物件に関して、アトリエ建築家がデザインをします。このモデルハウスは、建築家と「4つの庭を持つ家」というコンセプトで作られました。

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る