コラム:実質と名目、実感に近いのはどっち?

(ページ:1/3)

~デフレ対策がなぜ必要なのか?~

ハイアス・アンド・カンパニー(株) 取締役常務執行役員 川瀬 太志

<GDP実質4.9%成長 1~3月年率 4期連続プラス>
(日本経済新聞2010年5月20日付夕刊)
 『内閣府が20日発表した2010年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報値は物価変動の影響を除いた実質で前期比1.2%増、年率換算では4.9%増となった。プラス成長は4四半期連続。日本経済の着実な回復を裏付けた。 (中略) 個人消費が堅調で住宅投資も5期ぶりに伸びた。』

報道によると、日本経済が回復しつつあるそうです。いや、これホントですかね。果たして日本経済はホントに回復しているんでしょうか?

page: p1 p2 p3

ページトップに戻る