ローンセミナーの改善により成約率が2.5 倍へ

(ページ:1/4)

ポイントはセミナーでのシミュレーション活用!

住宅ローンシミュレーション活用の成果報告が続々

2010年9月3日に開催された住宅・不動産フォーラム(第2回リライフクラブ全国経営者会議)では、住宅ローンシミュレーション(ハイアーFP)を用いて、「前年比3倍の15棟の成約の住宅営業マン」や「前年度の売買成約実績がわずか6件に終わった営業マンが7か月連続受注中」といった成果を数多く発表いただきました。
 そのような事例の中でも特に注目度が高かったフォレスト・オオモリ様の事例をご紹介します。

驚くべき成果

フォレスト・オオモリ様は、三重県四日市市の社員14名の住宅会社です。2010年1月にハイアーFPを導入してから販売ペースが上がり、2010年7月期の決算では前年比25%増の売上30棟を達成されました。
 資金相談を行うと予算制約から受注単価が下がるのではないかと懸念される方も多いのですが、フォレスト・オオモリ様は自由設計・高気密高断熱の住宅が主力で、ハイアーFP導入後も受注単価は2500万円を維持できているとのことです。
 自由設計の高価格帯の住宅を販売されているため、以前は契約までには最低でも半年、ほとんどのお客様は1年近くかかっていたそうですが、ハイアーFP導入後は早い方で3か月、平均でも4~5か月で契約できるようになったとのことです。

このような大きな成果を出しているのは、驚くことに入社4年目の営業マン1名と昨年入社した2名の営業マンとのことです。

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る