実質8ヵ月で「高性能デザイナーズ住宅ネットワーク」70社参加

(ページ:1/4)

R+house システム 第1 回全国大会開催で二次募集終了

第1回全国大会開催までの経緯

2010年10月15日、R+houseシステムの第1回全国大会が開催されました。R+houseネットワークは、高性能デザイナーズ住宅No.1ブランドを目指し、2009年の10月より募集を開始しました。当初は1年間で50社の仲間を募ることが目標でしたが、予想に反し、募集からわずか1ヵ月半ほどで、年間目標の半数に当たる25社の加盟店が誕生しました。弊社としては、導入企業の支援キャパの関係で、そのタイミングで早々に一次募集を終了致しました。その後4 ヶ月間の立ち上げ支援特化期間を経て、二次募集をスタートしましたが、先日の第1回全国大会を節目に、加盟店数のべ70社という水準で、二次募集を終了致しました。当日は、ほぼ全ての加盟店が参加し、表彰や事例発表などが行われました。

R+houseシステム 第1回全国大会

R+houseシステムの商品特性

調査からの契約率が90%の理由

R+houseシステムのスタートからわずか1年間の活動期間ではありますが、様々な成功事例が出ており、今回の全国大会では、成果を上げられた7社の加盟店の方より事例発表を頂きました。R+houseシステムの営業プロセスの特徴の一つは、「敷地調査からの契約率が90%を超える」ということですが、受注に至っている案件のセールスステップは、驚くほど同じ傾向を示しているということを感じ取ることができました。(図1)

物件受注経緯とお客様像 ~図1~

事例発表ではこのような「セールストレンド表」と呼ばれる書式で契約に至るプロセスがこと細かく共有化されました。

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る