地域工務店が生き残る道は-現状の技術レベルで安心できるか?

(ページ:1/2)

地域工務店が生き残る道は~現状の技術レベルで安心できるか?

高気密高断熱住宅だけでは差別化できない

新設着工戸数に占める長期優良住宅の割合は、2010年9月は25.9%となりました。実に4棟に1棟は長期優良住宅です。単なる高気密・高断熱住宅では、差別化できない時代となりました。

「住宅エコポイント」や「フラット35S(優良住宅取得支援制度)」などが長期優良住宅の着工を促進したと考えてよいでしょう。次の潮流を掴むには、国の住宅政策の行方をしっかりと見極めることが必要です。

国は、家庭部門でのCO2削減効果が大きい住宅に注目しており、「住宅・建築物省CO2先導事業」や「環境省エコハウスモデル事業」を推進しています。住宅全体のレベルアップのためには、地域工務店の底上げも必要なため、「GEOパワーシステム」や「OMソーラー」など地域工務店を束ねているグループも選定されています。

住宅に求められている技術は、近年格段にレベルアップしており、地域工務店が単独でノウハウを蓄積するのは困難になっています。市場の成長の方向性は国の政策と密接に関わりあっているので、今後の生き残りには国の政策を踏まえた技術を吸収できるようなグループに参加することが必要でしょう。

page: p1 p2

ページトップに戻る