週刊住宅新聞-平成22年12月6日(月)

エコ地盤改良と断熱工法を連携

 ハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区、濱村聖一社長)は、デコス(山口県下関市)と業務提携し、住宅向けエコ地盤改良「HySPEED工法」と、セルロースファイバー断熱材「デコスドライ工法」」の販売ネットワークを強化する。

 天然砕石パイルを使用した「HySPEED工法」は07年4月に販売開始して以来、現在までに販売代理店が全国155社(11月26日現在)となり、10年4月からの施工実績は前年同期比で2.4倍に拡大した。調湿性、防音性、断熱性能を特徴とするセルロースファイバー断熱材「デコスドライ工法」のネットワーク加盟店は現在60社。

 共に環境配慮型であり、両ネットワークが提携することでの相乗効果を狙う。今後、全国で順次開催するセミナーの参加社数は400社を目標としている。

101206週間住宅

ページトップに戻る