週刊住宅新聞-平成27年2月9日(月)

住宅地盤診断サービス開始
資産価値保全協会

住宅不動産資産価値保全協会は6日、住宅プレ地盤診断レポート「ビオスコープ」の提供を始めた。住宅購入者が検討している土地の将来的な資産価値を図る上で重要な地盤情報を、契約前に提供する。

全国460万件以上の地盤データを活用してレポートする。

地盤調査の結果、改良工事が必要となった際も、その可能性を伝えるため、住宅会社にとって契約者に納得してもらえる利点がある。

1502029週刊住宅新聞

ページトップに戻る