日刊木材新聞-平成27年7月2日(火)

富裕層へ財産継承の提案を 不動産知識を活用
ハイアークラブ全国大会

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都、濱村聖一社長)はさきごろ、東京都内で「第4回ハイアークラブ全国大会」を開いた。高所得層の相続市場に向けて中立的な立場から資産活用をアドバイスすることで、従来の住宅営業とは違った立場で顧客との関係性を作れることなどを説明した。

大会では川口有一郎(早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授)が特別講演で「ファミリー・ビジネスにおける不動産ソリューションの重要性」について話した。84万世帯あるといわれている富裕層に向けて、資産を継承していくための資産管理で不動産のアドバイスができる人材が不足していることを指摘した。

川瀬太志(ハイアス・アンド・カンパニー取締役常務執行役員)は、マイハイアーというツールを使い、不動産投資のシミュレーションを短時間で行い提案することで着実に実績を上げていることを説明。10年前に組織を結成して以来、現在までに会員は302社に達し、うち半数がこの2年間に加入したことを報告した。

事例報告では、山口智輝(アセットクリエイションズ代表)が、以前の会社でマイハイアーを使い、大手住宅会社との競合で投資額を抑えた戸建て賃貸を提案して受注できた事例などを紹介した。川木建設は、このツール活用で見込み客のランクアップにつながり、成約率を高められたことを発表した。

150702日刊木材新聞
2017/08/08
住宅
2017/07/26
住宅
2017/07/19
土木
2017/06/27
不動産
2017/06/26
不動産
2017/06/22
不動産
2017/06/20
土木
2017/06/20
不動産
2017/06/20
不動産
2017/06/20
土木
2017/06/20
土木
2017/06/01
土木
2017/05/30
不動産
2017/04/18
住宅
2017/04/18
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る