リフォーム産業新聞-平成28年4月12日(火)

戸建断熱ネットワーク、デザイン向上
「ハウスINハウス」に新メニュー

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区)がアンビエントホームネットワーク(東京都大田区)と事業提携し、全国70社の会員企業と展開している戸建断熱リフォームネットワーク「ハウスINハウス」で、新たにインテリアコーディネートメニューが追加された。

会員企業に工事を依頼する施主に向け、付加メニューとしてインテリアコーディネーターへ相談できるサービスを案内する。専門家がプランニングやデザインの提案を行い、必要であれば直接派遣もしくはテレビ会議を通じ遠隔打合せできる体制を提供していく。

ハウスINハウスネットワークは、戸建断熱リフォーム市場でのシェアナンバー1を目指し、2018年度末までに年間受注件数2000件、年間売上高130億円(平均受注単価650万円として算出)という目標を掲げている。

「新築と比べて、リフォームの方が、設計者のデザインなどの提案がしにくい傾向がある。デザイン面の要望も環境性能と同水準まで施主からしっかり聞けるようにしていくことで、顧客満足度を上げていきたい」(事業開発部・馬渕富夫氏)

160412リフォーム産業新聞
2017/10/03
不動産
住宅
土木
2017/09/30
住宅
2017/09/30
住宅
2017/09/28
不動産
住宅
土木
2017/09/25
住宅
2017/09/25
住宅
2017/08/08
住宅
2017/07/26
住宅
2017/07/19
土木
2017/06/27
不動産
2017/06/26
不動産
2017/06/22
不動産
2017/06/20
土木
2017/06/20
不動産
2017/06/20
不動産

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る