リフォーム産業新聞-平成29年8月8日(火)

ハイアス・アンド・カンパニー 第3回「ハウスINハウス全国大会」
断熱リフォームで差別化を「健康維持コストの低減につながる」

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区)は7月18日、第3回ハウスINハウス全国大会を東京・学士会館で開催。オリジナル断熱パネルの開発により非破壊・短工期・価格明示での戸建断熱リフォームを可能とした「ハウスINハウス」の全国ネットワークに加盟する約50社60人が参加した。

開会にあたり、同社と事業提携を行うアンビエントホールディングス(東京都港区)の藤本修社長が挨拶、「所得減と人口減で、今後は二世帯・三世帯で同居し、余った家を二次活用する傾向が強まり、耐震・断熱を含んだ大型リフォームの需要が高まっていく。今がチャンス」と呼びかけた。

特別講演では「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」の上原裕之理事長が登壇。「当国民会議が軸となって進めるスマートウェルネス住宅等推進(SWH)事業のため、『ハウスINハウス』で断熱改修をすることでエビデンス収集の一助となってほしい」と訴えた。

また、ハイアス・アンド・カンパニーシニアコンサルタントの池山龍一氏は「営業専任者の設置」「体感物件の確保」「適切な広告費用」の3点を強化するという本部方針を説明。

濱村聖一社長は「少子高齢化が進む中、今後は医療費の問題もあり、健康維持コストの低減を目的としたリフォームが市場の当面のテーマになるが、『ハウスINハウス』でいち早くそれを行っている。会員各社が断熱リフォームの事業基盤を作り差別化していけるよう支援していきたい」と語った。

170808リフォーム産業新聞
2017/10/03
不動産
住宅
土木
2017/09/30
住宅
2017/09/30
住宅
2017/09/28
不動産
住宅
土木
2017/09/25
住宅
2017/09/25
住宅
2017/08/08
住宅
2017/07/28
住宅
2017/07/26
住宅
2017/07/25
住宅
2017/07/19
土木
2017/06/27
不動産
2017/06/26
不動産
2017/06/22
不動産
2017/06/20
土木

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る