住宅業界

住宅新報-平成29年12月26日(火)

戸建て宿泊施設を民泊向けに共同開発
ハイアスと楽天LS

ハイアス・アンド・カンパニーと楽天グループの民泊事業会社楽天LIFULL STAY(楽天LS、東京都千代田区、太田宗克社長)はこのほど、民泊向け戸建て型宿泊施設の供給における業務提携を行った。

同提携を受け、楽天LSは提供している民泊・簡易宿泊所向けの運用代行サービス「Rakuten STAY」の中で、戸建て型宿泊施設のサブブランド「Rakuten STAY HOUSE」の展開を図る。

そこで、ハイアスの運営する高性能デザイナーズ住宅ネットワーク「WILL STYLE」とコラボレーションし、「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」として共同開発。同ネットワークの強みである断熱性能や防音性能、コストパフォーマンスなどを生かし、快適な宿泊空間の創出を目指す。

両社は18年2月から、共同開発した宿泊施設をハイアスのパートナー企業を通じて販売すると共に、両社の持つ営業・運営ノウハウなどをまとめた事業展開マニュアルも提供していく。

(さらに…)

2018年2月1日 木曜日 14:03

住宅産業新聞-平成29年12月21日(木)

楽天とハイアスが業務提携
民泊向け戸建型施設供給 来年2月から販売開始へ

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY(東京都千代田区、太田宗克社長、以下楽天)と経営コンサルティング会社のハイアス・アンド・カンパニー(東京都品川区、濵村聖一社長、以下ハイアス)は15日、民泊向け戸建型宿泊施設の供給において業務提携したことを発表した。

楽天は民泊・簡易宿泊所向けのブランディングと運用代行サービスを行う「Rakuten STAY」について11月29日から法人向けサービスの提供を開始。個人向けについても来年1月をメドにスタートする。今回、戸建てタイプの宿泊施設として「Rakuten STAY HOUSE」を展開することで、民泊向け戸建型宿泊施設の供給を図っていく。

今回の提携により、「Rakuten STAY HOUSE」とハイアスが運営する高性能デザイナー住宅「WILL STYLE」のコラボレーションによる戸建型宿泊施設ブランド「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」を共同で開発する。

新ブランドは、「WILL STYLE」の主力商品である「ユニキューブ」のデザインを適用。断熱性や防音性能に優れており、低価格で快適な宿泊空間を演出する。

両社が共同開発する宿泊施設は、来年2月からハイアスのパートナー企業を通して販売される予定であり、今後はさらにラインアップを展開していく考えだ。

(さらに…)

2018年2月1日 木曜日 13:41

新建ハウジング〈DIGITAL〉-平成29年12月7日(木)

ハイアス、生産性向上支援サービスの先行会員募集を1月11日開始

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都品川区)は、住宅工事ごとに作成される工程表と各工程におけるタスク管理の支援プログラム「プロジェクト・マネジメント・システム(PMS)」を開発し、1月11日から同社の既存事業の会員企業を対象に先行会員の募集を開始する。

同プログラムは、住宅事業を展開する企業が、個別案件ごとに工程上の業務の明確化とその進捗管理、管理者と工事担当者間の情報共有を促進するためのASPシステムを用いた生産性向上支援サービス。工程管理上の業務進捗において生産性向上を阻害している課題を抽出し、各社の条件に合わせた“適正な”標準工程を設定するための指導と、標準工程を意識した業務遂行の実践支援をベースとする。

同社は1月の先行会員募集開始にあたり、東京・名古屋・博多・大阪の4都市で説明会を開催する予定。また、2018年5月から全国の住宅事業者に向けてリリースする。

(さらに…)

2018年1月16日 火曜日 14:29

ページトップに戻る