ans

日刊木材-平成28年5月7日(土)

ans運営に手応え

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都、濱村聖一社長)はans(東京都、川瀬太志社長)の熊本東店と熊本南店の2店を運営している。

昨年1月に熊本東店をオープンし、今年2月に2店目の熊本南店をオープンした。いわゆるBtoCの事業で、家造りを検討する施主を集めて住宅に関する勉強会を開き、施主に住宅取得に関する知識をつけてもらうとともに、適切な住宅会社選びをサポートする。施主からは登録料1000円をもらい、住宅会社からの成約報酬で運営する。年間来場者は約500組で、70~80組の成約が見込まれるという。

施主には4講座を受講してもらい、アンケートで消費者の意向を直接くみ上げる仕組みも導入した。これまでのノウハウを積み上げ全国展開も検討するが、「基本的には土地価格の安い地方都市型の戸建てマーケットで事業展開を図りたい」(川瀬社長)と話す。

紹介するのは地域工務店やハウスメーカーなど幅広い。

(さらに…)

2016年5月25日 水曜日 13:10

日刊木材新聞-平成26年3月5日(水)

好評受け熊本に連続出店 ans 熊本南店がオープン

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都、濵村聖一社長)の子会社ans(同、川瀬太志社長)は、家づくりのための学び塾、情報収集の図書館、相談所と位置付ける「ans(アンズ)熊本南店」(熊本市南区)を2月22日にオープンした。

昨年1月に全国で初めて同事業を開始した「ans熊本東店」(熊本市中央区)が好評を得ていることを受け、2号店も連続して同市内に出店した。住宅市場に占める戸建てやビルダー、工務店のシェアが高いため、ansでは熊本を先行エリアとして市場を網羅し、実績を積み上げていくことを目指す。

ハイアス・アンド・カンパニーは、消費者が住宅・不動産を納得し、安心して取得(購入)・居住(運用)・住み替え(売却)できる環境構築を目指し、個人の住宅・不動産取得に対して知識を習得するための勉強会や、相談業務、住宅会社紹介などを行う子会社として、2013年1月に「ans」を設立。
マイホーム購入は購入者と販売側の情報に大きな格差を抱えていると言われるなか、どこに相談してよいのか分からないといった声に応えるため、ansショップの全国展開を計画している。
地方展開ショップ第1号店となった「ans熊本東店」は、マイホーム購入希望者が抱えている初めての家づくりに対する不安を取り除き、住宅会社と双方が安心していづくりを進められる機能を持った店舗として好評を得ており、地域で知名度が向上している。

昨年末からは土地の仲介サービスも加わり、第三者的な立場でトータルにアドバイスできる環境が整った。これを受け、より営業効率を高めることを狙い、熊本市内に2号店「ans熊本南店」を出店することを決めた。

初年度の来店数は1000組を計画している。同店では22日に「賢い資金計画勉強会~初級編」、23日も「後悔しないための住宅選びのポイント」などの勉強会を開催。キッズスペースや各種カルチャーイベントなども用意している。

同社では今回の出店を契機に今後、全国出店のスピードを上げていく考えだ。

ans熊本南店(流通団地店)住所=熊本市南区江越2-3-7。電話050・2018・1841。FAX 096・285・8984。営業時間=午前10時~午後7時(水曜定休日)。

(さらに…)

2014年3月5日 水曜日 11:44

週刊住宅新聞-平成26年2月10日(月)

住宅購入の窓口を熊本市にオープン

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区、濵村聖一社長)の子会社で住宅購入者相談窓口のans(東京都港区、川瀬太志社長)は、今月22日に「熊本南店」をオープンする。

初年度に1000組の来場を目指す。

昨年4月に出店した熊本東店とあわせて熊本エリアでの需要取り込みを強化する。

同社は、熊本エリアの一次取得者層がマンションよりも戸建ての需要が強いと判断した。

マイホーム購入検討者へ土地の仲介なども含めた総合的な支援によって、大手住宅メーカーや工務店が混在する熊本エリアで商機を探る。

今後は全国にも出店を加速する計画。

所在地は、熊本市南区江越2の3の7。

(さらに…)

2014年2月10日 月曜日 11:38

日刊木材新聞-平成25年8月29日(木)

ans地盤保証を提供

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都、濵村聖一社長)は、天然砕石を活用した地盤改良工法「ハイスピード工法」を採用した工務店向けの地盤保証「ans地盤保証」をきょう29日から提供する。

同社は2万3000棟以上の累積施工実績を上げている。不動沈下等の懸念がほとんどないことから、地盤の不動沈下に起因する建物の損害を補償するans地盤保証を保証期間20年、1保証物件当たり1事故5000万円を補償限度額とした保証を開発。地盤調査データ解析に基づいた基礎工事、または地盤改良工事が実施された建物でハイスピード工法を採用した工務店を対象に1件2万3000円で保証する。

(さらに…)

2013年8月29日 木曜日 12:26

週刊住宅新聞-平成25年8月26日(月)

地盤改良工事に保証サービス導入

地盤改良のハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区、濱村誠一社長)は自社の「HySPEED工法」を採用した工務店を対象とした保証サービス「ans地盤保証」の申込みを29日始める。

同社の地盤改良は、小規模建物やアパート、マンション、店舗などで使われており、前年比で2~3倍のペースで実績を積み上げている。施工棟数が年間1万件に拡大したことを受け、保証によってアピールを図る。

保証は地盤の不同沈下による建物の損害に対応する。データ解析に基づいた基礎工事や地盤改良工事を実施した建物を対象とし、保証期間は20年間。補償限度額は1対象物件・1事故につき最大5000万円。

保証料金は、1件当たり2万3000円。一般的な地盤保証商品よりも割安に設定しているという。

(さらに…)

2013年8月26日 月曜日 19:37

1 2
BACK

ページトップに戻る