ハウスINハウス

リフォーム産業新聞-平成29年8月8日(火)

ハイアス・アンド・カンパニー 第3回「ハウスINハウス全国大会」
断熱リフォームで差別化を「健康維持コストの低減につながる」

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区)は7月18日、第3回ハウスINハウス全国大会を東京・学士会館で開催。オリジナル断熱パネルの開発により非破壊・短工期・価格明示での戸建断熱リフォームを可能とした「ハウスINハウス」の全国ネットワークに加盟する約50社60人が参加した。

開会にあたり、同社と事業提携を行うアンビエントホールディングス(東京都港区)の藤本修社長が挨拶、「所得減と人口減で、今後は二世帯・三世帯で同居し、余った家を二次活用する傾向が強まり、耐震・断熱を含んだ大型リフォームの需要が高まっていく。今がチャンス」と呼びかけた。

特別講演では「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」の上原裕之理事長が登壇。「当国民会議が軸となって進めるスマートウェルネス住宅等推進(SWH)事業のため、『ハウスINハウス』で断熱改修をすることでエビデンス収集の一助となってほしい」と訴えた。

また、ハイアス・アンド・カンパニーシニアコンサルタントの池山龍一氏は「営業専任者の設置」「体感物件の確保」「適切な広告費用」の3点を強化するという本部方針を説明。

濱村聖一社長は「少子高齢化が進む中、今後は医療費の問題もあり、健康維持コストの低減を目的としたリフォームが市場の当面のテーマになるが、『ハウスINハウス』でいち早くそれを行っている。会員各社が断熱リフォームの事業基盤を作り差別化していけるよう支援していきたい」と語った。

(さらに…)

2017年8月8日 火曜日 16:43

日刊不動産経済通信-平成29年7月28日(金)

ハイアス、断熱リフォーム組織が大会

ハイアス・アンド・カンパニーはこのほど、戸建断熱リフォームネットワーク「ハウスINハウス」の会員を対象とする全国大会を開いた。断熱リフォームの需要が高くなる冬季を見据えた全国一斉イベントを開催するほか、本部ホームページの充実化に取り組んでいることなどを伝えた。

同社の濵村聖一社長は高断熱住宅が健康に好影響をもたらすメリットなどを強調したうえで、「『ハウスINハウス』が提供する高断熱リフォームは健康維持コストを落とすことができ、大きな市場がやってくる」と呼び掛けた。高断熱リフォームを成功に導くためには、専任の営業社員を置くことや体感モデルの設置に加え、翌年の売上高に対し2.5~3%の販促費を投入する必要性を挙げた。

(さらに…)

2017年7月28日 金曜日 10:37

建通新聞-平成29年7月26日(水)

「ハウスINハウス」都内で全国大会開く

ハイアス・アンド・カンパニー(品川区)が組織する戸建て断熱健康リフォームネットワーク「ハウスINハウス」は18日、「第3回ハウスINハウス全国大会」を都内で開いた=写真。活動事例や現状を報告した他、本部方針などを発表した。

冒頭、アンビエントホールディングスの藤本修社長が「消費者は、新築よりも耐震・断熱などを含む高品質リフォームを選ぶ傾向が強まっている。この過渡期に需要を取り込めるように準備を進めてほしい」とあいさつした。

続いてハイアス・アンド・カンパニーの福島宏人取締執行役員は「断熱リフォームネットワークでトップを目指すため、各社には体感物件の確保、目標売り上げ5%の販促役員、営業の専任化を行う人的投資を徹底してほしい」と要請した。

大会では、国興の田中英光常務取締役とハウス・イン・ハウスの藤目新弥取締役が活用事例を発表した。

(さらに…)

2017年7月26日 水曜日 18:17

住宅新報-平成29年7月25日(火)

シェア1位目指し新施策

ハイアス 販促強化などで拡大図る

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都品川区、濵村聖一社長)は7月18日、アンビエントホールディングス(東京都港区、藤本修社長)と提携して全国展開する戸建て断熱リフォームネットワーク事業「ハウス・イン・ハウス」の第3回全国大会を都内の学士会館で開催した。

分析もとに方針示す

会場では、ハイアスの福島宏人取締役が同事業の現状や実績を紹介。特に、リフォームの体験物件を活用した「体感会」による集客の費用対効果が高いという分析結果を述べた。併せて、効果的な集客に向けて販売促進要の投資を拡大し、現状は他業務と兼任で行われているケースの多い営業活動において専任者を置くことの重要性も説明。戸館断熱リフォーム市場のシェアナンバーワンネットワークを目指し、「体感物件の保有」「販売投資」「営業専任化」の3要素を推進していく方針が示された。

同社シニアコンサルタントの池山龍一氏からは今後の具体的な施策として、断熱リフォームの需要が高まる冬期に向けて、11月から開催される全国一斉体感会のほか、ホームページのリニューアル、テレビ・雑誌への広告出稿の強化などを行う計画が発表された。加えて受注支援施策として、営業技術研修の拡充を図るほか、高単価受注に向けたスキルアップ研修なども実施される予定だ。

また当日は会員企業による成果事例発表のほか、健康・省エネ住宅を推進する国民会議の上原裕之理事長による特別講演なども行われた。

「性能で成果を」

閉会のあいさつで登壇した濵村社長は、「今後国内の高齢者の割合が増加していく中で、特に50代以上のシニア層に対し、住宅はリフォーム中心の商材に切り替えていく必要がある。そこで、欧米と異なり資産価値の向上を目的としたリフォーム需要の少ない日本で、『健康維持コストの削減』を訴求点とした高断熱住宅を提案するリフォームが『ハウス・イン・ハウス』」と同事業の狙いを説明。続けて「今後も、性能リフォームで成功企業をつくっていく」と目標を語った。

(さらに…)

2017年7月25日 火曜日 10:29

リフォーム産業新聞-平成28年9月6日(火)

ハウスINハウスの受注に注力 2年後1億2000万円を目標に

安本建設(山口県岩国市)は、ハイアス・アンド・カンパニーが立ち上げた断熱リフォーム工事店ネットワーク「ハウスINハウス」に加盟。部屋の6面を断熱パネルで囲う改修の受注を進めている。またスマートウェルネス住宅の補助金を利用できる体制を整備、商品力を高めている。

現在はリフォーム勉強会を中心に営業展開。8月には補助金100円を利用した700万円の工事に着工した。「勉強会参加者の反応は良いです。補助金も活用できる点を強みに、2年後にはハウスINハウスで年間1.2億円が目標」(安本賢社長)

これまで同社は防音工事をきっかけにリフォームを受注。2016年8月の決算ではリフォームで1.9億円、全体で18億円を見込む。全体売り上げの多くは公共事業が占める。

(さらに…)

2016年9月13日 火曜日 10:59

1 2 3 4 5 6 7
BACK

ページトップに戻る