家価値

リフォーム産業新聞-平成28年6月7日(火)

新築購入時の延長保証とセットに

新築住宅の購入時に、追加費用で延長保証を行う、「家価値サポート」というサービスに積み立て制度を加えてPRしているのがハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区・濵村聖一社長)だ。

同社は全国の工務店に新築やリフォームの商品を提供するFCネットワークを組織。アフターサービスとして「家価値サポート」を導入した。

同サービスは、新築住宅購入者が20万円追加費用を支払うことで10年間の延長保証を受けられるというものだ。これに、おうちポイントという、有償で行う修繕やメンテナンスの支払いに充てられるポイントを付与し、さらに、月々追加で積み立てて、大型リフォームに備えることもできる。

積み立て金額は一口毎月3000円。これにより3050ポイントがたまり、1ポイント1円で、修繕やリフォームに充てることができる。

「現状、大手ハウスメーカーではある程度提案しているようですが、地場工務店ではそこまでできていません。ただ、アフター時に困るお客様が多くいますので、先々を見越して住宅会社として提案すべきだと考え、サービスを開始しました」(経営支援本部マーケ企画室・寺山智之氏)

サービスを開始してから2カ月経過した現在の同サービス加盟企業数は90社を突破した。

「新築は自社で建ててもらっても、リフォームは他社」になることに悩む住宅会社は多い。いかにして自社の顧客を囲い込むか、各社の工夫の見せ所になってきている。

(さらに…)

2016年6月17日 金曜日 16:57

日刊木材新聞-平成28年5月25日(水)

ハイアス価値サポートサービス提供範囲拡大

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都、濵村聖一社長)は5月から、「ハイアス家価値サポート」のサービスをR+house会員企業に限らず、全国の工務店に拡大した。

同サービスは、住宅設備機器の引き渡し翌月から10年間にわたる延長保証、居住中の困りごとや要望に対応する365日・24時間のコールセンターの設置、緊急対応サービス(年2回)、ポイントを利用した軽微なメンテナンスやリフォーム相談を行う。

提供拡大は新築着工市場の縮小が見込まれるなか、アフターマーケットの獲得につながる生産顧客化が狙い。

(さらに…)

2016年6月17日 金曜日 16:50

日刊木材新聞-平成28年4月26日(火)

会員企業向けに ハイアス家価値サポート提供開始

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都、濱村聖一社長)は今月から、会員企業に対して顧客の生涯顧客化とアフターマーケット獲得力向上の支援策として「ハイアス家価値サポート」の提供を始めた。

このサービスはR+ハウスネットワーク会員とそのオーナー向けの新しいサービスとして、会員と顧客の継続的な関係性構築を目的にしている。日本リビング保証とハイアスの業務提携により大手企業と変わらないアフターサービスを提供する。

具体的には、住宅設備機器の引き渡し翌月から10年間にわたる延長保証、居住中の顧客の困りごとや要望をタイムリーに対応する365日24時間コールセンターの設置、緊急対応サービス(年2回)、ポイントを利用した軽微なメンテナンスやリフォーム相談提供となる。

(さらに…)

2016年5月17日 火曜日 12:40

ページトップに戻る