R+house

新建ハウジング-平成29年9月30日(土)

ハイアス、「人事制度構築サポートプログラム」の提供を開始

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都品川区)は、高性能住宅「R+house(アール・プラス・ハウス)」ネットワークの会員企業向けの新サービス「人事制度構築サポートプログラム」を10月より提供すると発表した。人事制度が未整備の会社を対象にした全6回(6か月間)のコースで、評価制度や運用方法などについてカリキュラムを設定。研修費用は100万円/社。

(さらに…)

2017年9月30日 土曜日 14:22

新建ハウジング-平成29年9月30日(土)

「R+house」
2019年に全国20カ所体制 ハウスメーカーとの競合受注ねらう

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都品川区)が展開する高性能住宅「R+house」ネットワークは、加盟店の総合展示出展を積極化している。今年に入って、全国5カ所に出展。現在、岡山県、愛知県、福岡県、埼玉県、広島県、熊本県の計6か所で加盟企業6社による住宅総合展示場展開を進めている。また、同社の子会社であるウェルハウジングが来年4月オープンをめどに、千葉県柏市に出展する。2018年度に30棟、2019年度に60棟の「R+house」実績を見込む。このほか、来年にかけて加盟店のよる4カ所の出展を予定しており、総展10カ所という体制が整う。さらに2019年度には全国20カ所体制を目指す。

同社のR+house事業の責任者・塩味隆行さんは、「勉強会スタイルでの集客手法は確立できた。ただ、集客力では総合展示場のほうが上。ネットワークの供給棟数を引き上げるため、集客力の高い総合展示場での出展を強化していく」と今後の出展戦略を説明する。

同社は競合排除が基本戦略で、特にハウスメーカーとの競合での受注を武器にしている。「総合展示場はそうしたライバルがたくさんいて、接客回数が確保できる」という。

「先日、熊本で新規オープンした展示場に出展した会員は、オープンから約10日間で800組超の集客があった。復興、新規オープンという追い風もあるが、かなりの手ごたえご感じている」

ネットワーク本部で加盟店エリアの総展の空き状況などを調査して、情報提供もしている。地方の総展賃料は月間100万円前後から150万円くらいの間がメイン。新規集客数は月50組でも、1組あたり2万~3万円程度になる。会社規模にもよるが、一定の営業体制があれば、かなり効率的な集客ツールになるという。

同社は会員にも機会があれば、総展への出展を推奨している。ただ、現状では、なかなか出したいエリアに空きがない状態だという。

「金利が上昇トレンドに入りつつある今、少しずつ動きが出ている。集客は確保できるので、あとは成約へのランクアップ率の改善。ハウスメーカーとの競合でブランド負けしているところを、総展出展でカバーし、対面の営業でなら強みを生かせる」。総展に出すことで、ブランド認知が進む。ただ、迎え入れる体制が整っていないとマイナスになることもある。現在、総展での具体的な接客のマナーやノウハウに関して研修などを行い、成約率の改善を進めている。

(さらに…)

2017年9月30日 土曜日 14:20

週刊住宅-平成29年9月25日(月)

人事研修を提供

ハイアス・アンド・カンパニーは10月から、自社の注文住宅「R+house」供給販売組織の加盟社を対象に人事制度構築をテーマに研修システムを提供する。全6回で100万円。集団研修とすることで費用を抑制した。加盟社の人材確保と社員のモチベーションの向上・定着を通じ、各社の持続的な成長を支援する考え。

(さらに…)

2017年9月25日 月曜日 14:22

日刊不動産経済通信-平成29年1月31日(火)

ハイアス、モデルハウスを新たに6ヵ所

ハイアス・アンド・カンパニーは、高性能デザイナーズ注文住宅「R+house」のモデルハウスを新たに全国6カ所で建築する。

同社が組織する地域工務店ネットワーク「R+houseネットワーク」では現在、加盟店が運営するモデルハウスが全国に60カ所開設されている。認知度とシェアをより向上させようと、モデルハウスが展開されていないエリアで建築することにした。エリア選定は、「R+house」事業の受注増に意欲的な加盟店を募ったうえで決定する。モデルハウスは1カ所の建設で土地と建物で5000万円の投資額を想定。選定された加盟店は2年後に現在の受注を最低でも3倍に増やしていく計画の立案が求められる。同社はモデルハウス棟の建設を通じ、1年後に100棟の受注純増を実現したい考え。

(さらに…)

2017年1月31日 火曜日 16:13

新建ハウジング-平成29年1月24日(火)

ハイアス、全国6カ所で高性能住宅「R+house」モデルハウスを展開

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都品川区)は、アトリエ建築家とつくる高性能デザイナーズ注文住宅「R+house」のモデルハウスを全国6カ所で建築、一斉展開すると発表した。

同社が運営する「R+houseネットワーク」では、加盟店運営によるモデルハウスが全国に約50カ所ある。今回、モデルハウスのない6つのエリアにおいて、同社が主体となって建築、運営を進めることで「R+house」のシェア・認知度の向上を加速させ、加盟店の受注促進をサポートする。

建築エリアは「R+house」事業を強く推進する加盟店を募り決定。選定された加盟店は、2年後に受注を3倍増させるべく投資効果増大を図る計画を立案する。また、成果創出に向け、建築エリアの加盟店に対してスーパーバイザーによる支援強化を行う。これらの取り組みを全国加盟店で共有し、今後の総受注棟数倍増計画を推進するための施策としていくという。

投資額は、1カ所の建設あたり土地・建物で5000万円を想定。6物件で総額3億円の見込み。

モデルハウス活用による直接的効果として、1年後100棟、2年後200棟の受注純増をめざす。

(さらに…)

2017年1月24日 火曜日 16:14

1 2 3 4 5 ... 14
BACK

ページトップに戻る