地盤jpの会員登録はこちら

知らなかったではすまされない!
既存地盤改良工法の抱える3つのリスクとは

1.土壌汚染問題

土壌汚染イメージ

セメントと土を混ぜると「六価クロム」という発がん性物質が化学反応で起きるリスクがあります。高濃度の六価クロムは人体にも影響を及ぼしますが、詳細な発生メカニズムが解明されておらず、セメント系改良の抱える大きな課題となっております。

2.資産価値の毀損

資産価値の毀損

2003年に明文化された不動産鑑定基準により、土地の鑑定時に「土壌汚染」や「埋設物」の有無をチェックし、 もし発見された場合、その土壌汚染の浄化費用や埋設物の撤去費用を差し引いて不動産の価値を算定する、ということが決まりました。セメントの塊や鋼管は産業廃棄物とみなされてしまうので、セメント系や鋼管で地盤改良を行った場合は、その不動産価値を下げてしまうことになりますが、これをお施主様に説明している住宅会社はほとんどいないのが現状です。

3.品質不良

品質不良

地盤が起因の住宅の事故は、雨漏りに次ぐ第二位といわれています。価格競争が激化している地盤改良市場では、 安さや速さが重視され、品質不良が多々発生していると言われております。事前調査による想定設計により支持地盤まで杭が届かずに施工されていたり、セメント系固化剤と腐植土との相性でセメントが十分に固まらなかったり、地下水脈によるセメントの流出などが指摘されて います。

顧客信頼を獲得する
健康と財産を守る地盤改良とは

従来のセメント系柱状改良、鋼管杭による地盤改良では、結果として地中に産業廃棄物を埋め込むことになります。セメントの強アルカリ又六価クロムによる土壌への影響は深刻な土壌汚染の問題になりかねません。HySPEED工法は自然石から作られる100%の自然素材と、地盤の特性を上手く利用した、環境保全型地盤改良であり、お施主様の「健康」と「資産」を守る地盤改良工法でもあります。

HySPEED工法の特長 全国施工実績

見えない地盤の見識で他社との差別化を図る!
地盤.jp WEB戦略&営業ツールのご紹介

地盤.jp推奨「安心工務店一覧」への無料情報掲載中!見えない地盤から安心安全な工法を提案する家づくりのプロとして、他社との差別化を図る営業ツールも多数取り揃えております。
地盤.jp安心工務店登録企業様には、専用IDを発行致しますので、営業ツールを無料ダウンロード頂けます!

  • お客様向けのパンフレット
  • 地盤改良の見識をお伝えする小冊子
  • 地盤に関するポスター
  • 地盤のチェックリスト
営業支援ツール

地盤.jpの会員登録はこちら

地盤・土木 関連情報・トピックス

2017/10/03 [プレス記事] 【建通新聞東京】ハイアスなど 生産性革新でシンポジウム
2017/09/28 [プレス記事] 【R.E.port】シンポジウム「HyASフォーラム2017」開催
2017/07/19 [プレス記事] 【日刊建設産業新聞】施工実績が累積5万棟突破
2017/06/20 [プレス記事] 【新建ハウジング】HySPEED工法、累計5万棟に 受注数第一位...
2017/06/20 [プレス記事] 【R.E.port】5万棟に迫るHySPEED工法、全国大会
2017/06/20 [プレス記事] 【住宅新報】地盤改良工法の全国大会 ハイアス 開始10年で5...
2017/06/01 [プレス記事] 【建通新聞】HySPEED全国大会開く
2017/03/09 [HyAS View] オーガニック地盤保証「BIOS」引受保証件数は延べ10,00...
2016/01/05 [HyAS View] 今問われる住宅会社の地盤に関しての倫理観〜高まるエ...
2015/12/10 [プレス記事] 【新建ハウジング】消費者は地盤の強さ知りたい 半数が「説...
2015/10/27 [プレス記事] 【日刊木材新聞】第三者の地盤品質チェックサービス
2015/10/26 [プレス記事] 【週刊住宅新聞】全国の地盤データを公開
2015/10/22 [プレス記事] 【日刊木材新聞】2020年度に1万棟受注へ
2015/06/19 [プレス記事] 【建設通信新聞】来年度に1万棟突破 ハイアスの地盤改良HySPE...
2015/05/28 [プレス記事] 【日刊木材新聞】ハイスピード工法を1万棟規模に
関連情報をもっと見る

ページトップに戻る