HySPEED工法

【日刊木材新聞】「HySPEED工法」5年間で1万3000棟

日刊木材新聞-平成24年7月11日(水)

「HySPEED工法」5年間で1万3000棟

天然砕石を活用した地盤改良工法「HySPEED工法」のネットワークを全国展開するハイアス・アンド・カンパニー(東京都、濵村聖一社長)は、6日、東京都内で第6回全国大会を開催した。当日は会員160人ほどが出席した。ハイアス・アンド・カンパニーの柿内和徳常務が、2007年から今年5月までの施工実績について「1万341棟で、前回の大会で目標にした数値は110%達成した」と報告した。

柿内常務は同社が行ったアンケート結果にも触れ、「住宅の不動産価値を下落させないためには費用がかかってもかまわないという人はそうでもない人の3倍以上いる」と指摘し、地盤改良の需要は依然としてあることを強調した。

柿内常務は、業績が順調に伸びている背景についてホームページなどが充実していることなどを挙げ、今後についても「コンテンツに地盤調査発注及び改良工事発注をオンライン化するなどのサービスも行っていきたい」との計画を示した。

また、次回の全国大会までには、「9286棟の施工を行う」ことを目標に掲げた。

このあと、宮崎組、徳本砕石工業、グランドワークスの代理店3社から活動事例発表が行われた。

ハイアス・アンド・カンパニーは、05年3月に設立、直径400ミリのドリルで地盤を掘削した天然砕石を投入、砕石厚30センチ程度ごとにハンマー転圧し十分締め固めしながら地表まで砕石パイルを構築する「HySPEED工法」を開発、全国に普及している。

(さらに…)

プレス記事 2012年7月11日 水曜日 11:13

TV東京系ドキュメント番組「ガイアの夜明け」にて「HySPEED 工法」が特集される

弊社が全国展開している天然砕石を活用した地盤改良工法「HySPEED工法」が11月29日放送のテレビ東京系のドキュメント番組「ガイアの夜明け」にて特集されました。

東日本大震災以降、液状化現象が大きな社会問題として取り上げられていますが、今回の番組では「HySPEED工法」が液状化対策として有効な解決策であるという事にフォーカスが当てられ、約2 ヶ月にわたって撮影が行われてきました。今回の放送を通じて、エンドユーザーに、住宅地盤の見識を一段と深めていただけたと思います。さらに、放送されたフレーズの中に、「家づくりにおいては、地盤など目に見えない部分への対応が重要である」といった内容がありましたが、このコメントも大変好評で、「住宅会社の見えない部分への対応力をしっかり見極めて、住宅会社を選択しなければならない」というメッセージがエンドユーザーに伝わったように思いますし、そういう意味では今回の「ガイアの夜明け」の放送は大きな意味があったと思っています。

上記していますが、一般のエンドユーザーが住宅選びで最も重視する項目が「地盤の安全性」というアンケート結果からも今後益々エンドユーザーの「地盤への意識」は高まっていく事は必至であると想定できます。実際にテレビ放映後には、あんしん、安全な地盤に関する啓蒙サイト「地盤.jp」へのアクセス数、問合せ数は急激に増加し通常の5倍のアクセス数となりました。また、弊社では、エンドユーザーの予算や好み、建築予定地などを聞き、工務店を紹介するというサービスや、契約予定の工務店の評価をしたり、「お断り」を代行するサービスなどを行っておりますが、最近、「地盤」や「地盤改良」に関する相談事項が急増しております。

しかしながら、住宅を提供する側の認識には、かなり温度差がある様です。積極的にお客様の意識の変化に対応するべく準備・対策をしている工務店と未だ受け身的な対応をしている工務店に大きく2分されています。これは単に地盤に対して勉強している住宅会社とそうでない住宅会社という事ではなく、エンドユーザーの信頼を勝ち取れるかどうかの、より根本的な問題と言えます。

HyAS View 2012年6月29日 金曜日 15:45

全国13ヶ所「液状化対策勉強会」大盛況レポート

お客様の関心は「安全な地盤」が第一位!

地盤に対する意識・関心の変化

東日本大震災では、多くの尊い命が奪われました。ご冥福を祈念し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、罹災された皆様に心よりお見舞い申しあげます。

また、多くの住宅も深刻な被害を受けました。傾きなどの被害が大きかったエリアでは、現在でも住むことができずゴーストタウン化しているところもあります。その大きな原因は、地盤の「液状化現象」だと言われており、業界の今後の対応・予防策が重要となってきました。

またエンドユーザーの地盤への意識・関心も、震災後大きく変化をしてきました。首都圏で行った住宅選びの基準についてのアンケート(有楽土地調べ)では、これまで重要視されていた「交通の利便性」や「子育て環境」を抑え、「地盤の安全性」が第一位になったと報じられております。

また、工務店業界紙 新建ハウジングが行った「2013年3月までに注文住宅建設予定のエンドユーザー向けアンケート」では、土地選びで重要視する項目として「液状化の起こりやすさや地盤の安全性」を挙げる方が最多だったと発表しています。

さらに、4人のうち3人が地盤の液状化発生危険度の判定に関しても、一般的な地盤調査に追加して有料でも実施したいという意向であると答えているそうです。

弊社が運営している情報サイト「安心な家づくりのための地盤.jp」にも、多くのエンドユーザーから、以下のようなお問い合わせを頂くようになってきました。

国交省のほうも宅地液状化対策の取り組みをスタートさせました。住宅性能表示に液状化対応の有無が加わる方針が発表されるなど、住宅業界においては液状化対策が急務となってきました。

HyAS View 2012年6月29日 金曜日 15:43

住宅会社の競争力を高める「地盤」対策

全国1,400 社が採用するエコ地盤改良による差別化戦略

「地盤.jp」安心工務店1,400社突破!

弊社が運営する、住宅地盤改良のリスクと対策を情報発信するWebサイト「地盤.jp(http://www.ziban.jp/)」でご紹介している「安心工務店」の登録数が、2012年4月末時点で1,400社を突破しました。

「地盤.jp」では、これまで消費者に積極的に情報開示されていなかった

・ CO2排出により温暖化を促進する環境問題
・ 土地の資産価値を下げる問題
・ 発がん性物質の発生問題

などの地盤改良に於ける様々なリスクと、それらの問題を解消する「エコ地盤改良 HySPEED(ハイスピード)工法」を、住宅を買う前に知っておいていただきたいこととしてご紹介しています。

「エコ地盤改良 HySPEED工法」は、既存の地盤改良工法の問題点を解決するために開発され、消費者のエコへの関心が高まると共に施工実績を増やし、2012年4月末時点でCO2削減量は累計70万トンに達しました。さらに、「液状化に強い」という特性から、昨年の震災以降さらに注目を集め、TV番組「ガイアの夜明け」でもご紹介いただき、この5年で日本における地盤改良の約3%のシェア※に達しました。消費者の環境や地盤に対する意識の高まりに対応することが、今後の工務店の大きな差別化戦略となることは間違いないと言えるでしょう。

エコに対する社会的意識を高く持ち、消費者に地盤のリスクと対策を知っていただいた上で、最適な工法を提案するという主旨にご賛同いただける工務店様には、是非「安心工務店」にご登録いただきたいと考えております。

HyAS View 2012年6月29日 金曜日 15:00

震災後の浦安で見た液状化の猛威と砕石工法の優位性

エコ地盤改良は液状化現象にも強かった

はじめに

3月11日発生の東日本大震災では多くの戸建住宅において甚大な被害が発生しました。今回の震災では倒壊などの建屋に起因する被害以外にも、地盤の液状化による不同沈下の発生が多く確認されております。天然砕石パイルによる宅地向けエコ地盤改良「HySPEED工法」本部である弊社は技術本部であるハイスピードコーポレーション株式会社と共に液状化地域の被害状況調査を実施いたしました。

震災による不同沈下発生

千葉県の浦安市内では、干拓地を中心に多くの被害が確認されました。

浦安地区では震度5強の揺れが2分ほど続き、路面の地盤沈下は最大で70cm程であることが観測出来ました。住宅の不同沈下は20~40cmの範囲で多く発生いたしました。(不同沈下の基準は一般に5cm以上と言われております)
道路の損壊、上下水道の寸断も発生し、多くの方の生活に影響を及ぼしました。建物の沈下修正工事実施は可能ですが、新たな液状化の発生には対応できない事が問題視されております。

HyAS View 2012年4月4日 水曜日 13:58

NEXT
BACK

ページトップに戻る