リライフクラブ

第4回リライフクラブ全国大会開催 !
~リライフクラブは、「あなたから買いたい」と言われる住宅アドバイザーを育成します~

2015年4月7日(火)に弊社が展開する住宅FPネットワーク「リライフクラブ」の第4回リライフクラブ全国大会が開催されました。

6年前に立ち上げた本事業は、全国の住宅不動産会社様390社から形成されるネットワークへと拡大しており、この全国大会は、加盟店様が一同に介するイベントです。本大会のテーマは、「FPを使って消費者を幸せに~3年後のあるべき姿を目指して~」でした。今回共有された「3年後のあるべき姿」とは、下記の通りです。

36-3-1

本大会では、3年後のあるべき姿を目指し、新たに設立された資格制度「住宅FPマスター」の発表や、会員を代表し、予めノミネートされた3名の住宅アドバイザーにFPを使った営業活動事例をご発表いただき、初代「グランドマスター」の表彰式を行いました。また、住宅不動産の売買において、消費者の安全・安心の確保と宅建事業者の業務効率化・リスク軽減を実現することを目的として立ち上げられた一般社団法人住宅不動産取引支援機構のご紹介や、ゲスト講演による「日本における住宅不動産業界の最先端な将来動向・方向性」を特別に講演いただく機会もございました。懇親会を通じ、大きな盛り上がりを見せる会となりました。

「住宅FP マスター」制度

本大会の目玉としては、新しい資格制度「住宅FPマスター」制度の発表でした。前々回のHyASView34号でもご紹介させていただきましたが、今回このタイミングで新しい資格制度を設立した趣旨としましては、次の通りになります。

人口減少や高齢化といった大きな変化によって、供給が市場を創る時代から需要が市場を創る時代へと変化する中で、今後、競争はますます激化することが考えられます。そう考えますと、今以上に顧客の立場に立った中立的なアドバイスができることは、競争優位を発揮するはずだと思います。中立的な話題であるFPの必要性は今後更に大きくなるかと思いますので、「あなたから買いたい」と言われる住宅アドバイザーを育成し、受注数の増加の実現を目的として新たな資格制度「住宅FPマスター」を設立しました。

最高勲章:「グランドマスター」

「住宅FPマスター」制度はマスター3級、マスター2級、マスター1級、そして最高勲章である「グランドマスター」で構成されます。

36-3-2

「グランドマスター」になるには、毎年春に開催されるリライフクラブ全国大会で、予め選考委員会からグランドマスター候補者(対象:マスター1級資格保有者)として推薦状を受け取り、本大会で投票制により「グランドマスター」に選考されることが条件になります。

そして、今回の全国大会で初代グランドマスターの選考が行われました。

HyAS View 2015年6月8日 月曜日 16:26

【住宅新報】ハイアス&カンパニー リライフクラブ 顧客の信頼高まるFP営業を推進

住宅新報-平成27年4月21日(火)

ハイアス&カンパニー リライフクラブ 顧客の信頼高まるFP営業を推進

ハイアス・アンド・カンパニーが運営する全国ネットワーク「リライフクラブ」は、「ハイアーFP」というシミュレーションツールを活用して、ファイナンシャルプランニング手法を住宅営業に導入し、顧客からの信用、信頼を高める営業スキルの向上に取り組んでいる。その主軸となるのが「住宅FPマスター」制度という独自の資格制度で、顧客との相談能力に優れ、高い知識、高い倫理観、高いスキルを備えた人材の育成を目的にしている。

このほど開かれた同組織の全国大会では、全国から選ばれた3人の「住宅FPマスター」による事例発表が行われた。厳正な審査の結果、㈱グローイング(京都府福知山市)代表取締役の大田康之氏が「住宅FPマスター」の最優秀者に贈られる「グランドマスター」に選ばれた。

全国大会に臨んだ大田氏は、「ローンに戦略を持つ」をテーマに、「ハイアーFP」を活用した日頃の営業提案の事例発表を行った。

技あり”ブーメラン営業”

大田氏は、「ハイアーFPを用いて対面でプレゼンテーションできるのが強みになる。プランや見積もりを提案する前に、ローン返済の総支払い額を極小化するシミュレーションを提案することで、医者と患者のような信頼に基づいた関係を構築することができている」と報告。大会の事例総括においても、「大田流ブーメラン営業(お客様が戻ってくる仕掛け)=圧倒的な相談了解獲得力と徹底したフレーミングがなせる技」と高い評価を得た。

大田流FPは、笑いを交えつつ、常に顧客の理解度を図りながら距離感の近い商談を進めることに加えて、あえて顧客を囲い込まない点にも特徴がある。また他社での住宅選びにも理解を持つ。その際には、「住宅取得で最も重要な資金プランの説明をしてくれるかどうかは、住宅会社を選ぶ重要なポイント」と必ず進言する。初回を含む早い接客段階で顧客と資金プラン相談をすることで、資金の重要性について理解が進むので、実に7割以上の顧客が再び大田氏を訪ねてくることになる「ブーメラン営業」を評価されたゆえんだ。

「住宅FPマスター」には最上位から、グランドマスター、マスター1級~3級があり、スキルの習熟度に応じて等級がランクアップしていく。その最上位に位置づけられるのが「グランドマスター」。これから毎年開かれる全国大会で、大田氏に続く新たなグランドマスターが輩出されることになる。

(さらに…)

プレス記事 2015年4月21日 火曜日 15:37

【日刊木材】3年後の1万社を目標に 中立的な資金計画を提供 リライフクラブ

日刊木材新聞-平成27年4月14日(火)

3年後の1万社を目標に 中立的な資金計画を提供 リライフクラブ

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都、濱村聖一社長)は7日、東京都内で第4回リライフクラブ全国大会を開いた。現在390社の会員を3年後には1万社に拡大し、安心できる取引の場にしていく方針を示した。

濱村社長は、今後、住宅市場は新築中心から中古中心へと転換していくことが見込まれることから、性能強化、資産形成、価格提案などを進めていく方針を示した。また、関連団体として住宅不動産資産価値保全協会、住宅不動産取引支援機構を設立し、団体を通じた情報提供を強化していく考えも示した。

リライフクラブでは、中立的な立場から消費者に住宅取得時の資金計画などをアドバイスするFPなどの育成を行っている。現在会員は390社。中立的な立場でアドバイスすることで、「あなたから買いたい」と信頼されることを目指す。

18年までに1万社を登録し、住宅の安心取引を提供できる場としていく方針を示した。

成果事例報告ではグローイング(京都府福知山市)の太田康之社長が、顧客に資金計画などを理解してもらうために心掛けている点や金融機関任せにしないでローンを通す作戦などを紹介。グランドマスターとして表彰された。

(さらに…)

プレス記事 2015年4月14日 火曜日 14:09

【住宅新報】ハイアスリライフクラブ FPグランドマスター決定 大田康之氏が初の栄冠に

住宅新報-平成27年4月14日(火)

ハイアスリライフクラブ FPグランドマスター決定 大田康之氏が初の栄冠に

ハイアス・アンド・カンパニーは4月7日、住宅・不動産業界フォーラム「第4回リライフクラブ全国大会」を東京・目黒雅叙園で開いた。今大会では、「住宅FPマスター」の最優秀事例の発表者に与えられる「グランドマスター」を選ぶ候補者の成果発表と表彰が行われ、㈱グローイング(京都府福知山)の大田康之代表取締役が初の栄冠に輝いた。

ハイアス社は、同社が運営する全国の住宅・不動産会社のネットワーク「リライフクラブ」において今年1月から独自資格制度「住宅FPマスター」をスタート。住宅営業の中でも特に専門性が求められるファイナンシャル・プランニングの手法を用いながら、最適な住宅購入の時期や予算についてアドバイスをする制度研修。「集客は少なくてもしっかり契約数は確保したい」「適正な単価で受注したい」という事業者サイドのニーズに応えると共に、FPの中立性を強みに顧客の不安解消と信頼度を高める効果を期待している。

「FPマスター」には最上位から、グランドマスター、マスター1級、同2級、同3級の特級があり、年1回開かれる全国大会で会員の投票によりグランドマスターが選出されることになっている。合計3人の候補の中から選ばれた大田氏は、会社選びよりも最初に「ファイナンシャルプランニングを優先し、その予算で計画を進める」提案を徹底。「(顧客に)ローンに戦略を持つことが大事と気づいてもらう」ことが重要と指摘する。事例を総括したハイアス社川瀬太志取締役常務執行役員は大田氏の発表について「大田流『ブーメラン営業』(お客様が戻ってくる仕掛け)→圧倒的な相談了解獲得力と徹底したフレーミングがなせる技」と高く評価した。

大会では表彰に先立って、国土交通省住宅局住宅政策課課長の坂根工博氏が「成熟社会に向けた住宅政策」をテーマに特別講演。濱村聖一ハイアス社社長の本部方針発表で大会を締めくくった。

(さらに…)

プレス記事 2015年4月14日 火曜日 11:14

【週間住宅】独自資格に等級導入 ハイアスが住宅FPで

週刊住宅新聞-平成27年4月13日(月)

独自資格に等級導入 ハイアスが住宅FPで

ハイアス・アンド・カンパニー(濱村聖一社長=写真右)は、住宅購入希望者へのFPアプローチ手法研修講座を修了し、住宅FPサービスを提供する住宅・不動産会社会員組織「リライフクラブ」に新たな等級資格制度「FPマスター」を導入した。

研修講座終了後に筆記試験に合格するとマスター3級になり、その中から認定条件を満たすと2級、1級になる。最も優れたマスター1級所持者をグランドマスターに選考する。

7日に開催したリライフクラブ全国大会では、グローイングの太田康之社長=写真左=を初代の最高位「グランドマスター」に選んだ。

08年に発足したリライフクラブは、14年度末の会員数は約400社。今後の予想される新築住宅市場の縮小と大手寡占化を見越し、「業界で一目置かれる資格制度、消費者から選ばれる住宅アドバイザーの育成」を目的にしている。

(さらに…)

プレス記事 2015年4月13日 月曜日 14:08

NEXT
BACK

ページトップに戻る