R+house

2017年11月

シリーズ眼を養う#020
R+house 住宅のデザインを探る

「趣味を存分に楽しむ家」 住宅街の中にある、施主が生まれ育った家の建替えです。 施主は物静かで温厚な人柄で、趣味のドラムと読書を楽しむ薪ストーブのある家の計画です。内部イメージは持込みされる照明器具をベースにしています。 […]

2017年11月

2020年 さらにその先を生き残るために 「真」の高性能は「健康」と省エネの両立 〜先進的水準をすでに実現している、R+house の「真の性能」とは〜

「住宅と健康の関係」を語れる住まいが 「当たり前」 に省エネは手段。ゴールは住まい手の健康と豊かで快適な暮らし 「最近はNHKの番組でも「住まいと健康」(番組では血圧の変化について住環境と関係について調べた内容が取り上げ […]

2017年9月

シリーズ眼を養う#019
R+house 住宅のデザインを探る

今回の計画地は兵庫県川西市にある新興住宅地の一角にあり、周辺の建物でも建て替えが行われ始めている土地。 周辺の建物とも近しい距離にあり、プライバシーを確保しつつ開放的な空間をツクリだすことが求められていました。建物の配置 […]

2017年9月

ゼロから6年ほどで1,000棟超えレベルの受注数に
〜成長の原動力は「システム」の完成度 ×「実行力」の継続的向上〜

R+houseネットワーク成長力を物語る実績 「暮らしの質を高める家を、手の届く価格で作りたい」と多くの顧客が願う理想の家づくり。わかっていても今まで誰もその願いを叶え、実現することができなかった住宅業界において、顧客が […]

2017年6月

R+houseネットワーク加盟で成功する理由
「稼げる事業モデル」と「経営研究会」で成長企業に導く

企業の成長に必要な「事業モデル」と「経営力向上」の両輪を提供するR+house 企業が成長し生き残るための条件は、性能や品質で競合に勝る商品を持ち、体制や人材を整え、経営計画を元に日々着実に実践することが大切です。R+h […]

2017年6月

シリーズ眼を養う#016
R+house 住宅のデザインを探る

今回の敷地は福岡県飯塚市の市街地に程近い小高い丘の上の東西に細長い土地でした。 丘の上とはいえ、景色のいい東側には今後住宅が建つことが容易に判断できる宅地があり、反対の西側は約4mの道路を挟んで崖がそびえたっています。ま […]

2017年5月

シリーズ眼を養う#016
R+house 住宅のデザインを探る

建設地は福岡県にあり、個人的にもはじめて訪れる地への訪問なのでワクワクしつつ、工務店からのクライアント様情報に「大柄で空手家の方」とあり、しかも建替え現場に到着した際、敷地には黒塗りの車…。最初は緊張感でいっぱいでした( […]

2017年5月

R+house加盟で成功する理由 経営研究会で引き出される経営者の力
~稼げる事業の導入で、経営者が変わり企業が変わる~

F社(鳥取県) F社(鳥取県) R+house 加盟前 「勢いで経営者に。でも何もわかっていなかった」 ・大工として勤めていた会社を自ら引き継ぐ ・もともとの高気密高断熱FC事業が伸び悩み ・自社のオンリーワンを求め高気 […]

2017年3月

シリーズ眼を養う#016
R+house 住宅のデザインを探る

山地より不規則な斜面が海へ向かって連続している郷と呼ばれる地域。 山と海と川に囲まれ、農・緑・住が調和し人間性の根付いた町である。 クライアントはそこに仕事の関係で移住してきた。ここ数年急増する人口に伴い、住宅都市として […]

2017年3月

ネットワーク合計受注棟数前年比1.5倍。
急成長が示す、成功につながる 注目のビジネスモデル「R+house」

住宅建築ビジネスのノウハウも商品もない企業が1年で事業立ち上げに成功 2020年問題にも対応する「高気密高断熱型デザイナーズ住宅」。ビジネスモデルはすでに完成している 「R+house」は建築家とつくる高性能住宅を、手の […]

1 2 3 4 5 ... 14
BACK

ページトップに戻る