平成25年住宅市場動向調査 (国土交通省 住宅局)

(ページ:1/2)

今回32号から始まりますシリーズ、「調査を読む」。世の中には様々な団体や組織によっ市場動向の調査リリースが行われています。この企画は溢れる様々な市場調査からHyAS View」読者の皆様にとって関心の高い、あるいは有益と思われる調査結果から参考となトピックの紹介・解説、事業運営の参考となる情報提供ができればと考えています。

住宅市場動向調査とは

今回紹介するのは、平成26 年7月14日にリリースされました「平成25 年度 住宅市場動向調査」です。この調査は、国土交通省 住宅局によるもので、住宅の建設、購入、リフォーム等の実態把握・分析を行い、今後の住宅政策の企画立案の基礎資料とすることを目的に、平成13 年度より継続して実施されているものです。調査対象は、平成24 年4月1日から平成25 年3月31日までの間に、ご自身の住宅を建築・購入・賃貸・リフォームして、入居された方となっています。

具体的な調査項目は、例えば注文住宅に関する調査を例に示すと

(1) 住み替え・建て替えに関する事項
工事の種類、住宅取得回数、比較検討した住宅、住宅の選択理由、中古住宅にしなかった理由、住宅取得時に経済的要因が与えた影響度、施工者に関する情報収集方法、敷地の取得方法、取得時期、設計図書の有無

(2) 住み替え・建て替え前後の住宅に関する事項
住み替え・建て替え前の住宅の種類、住み替え前の住宅の家賃、住み替え・建て替え前の住宅の取得時期・処分方法・売却損益、住宅の建て方、延べ床面積・敷地面積、高齢者対応設備・省エネ設備、定期借地制度利用の有無、通勤時間、居住地

(3) 世帯に関する事項
世帯主の年齢、世帯主の職業、勤続年数、世帯年収、居住人数、高齢者の人数

(4) 資金調達に関する事項
住宅建築資金・土地購入資金のうち借入金の返済期間、住宅建築資金・土地購入資金を贈与した親の年齢、住宅ローン年間返済額、住宅ローン減税適用の有無、住宅ローンの負担感、民間金融機関借入金の金利タイプ、民間金融機関への融資申込みの有無、民間金融機関からの希望額融資

と非常に多岐に渡り、市場の動向を知る上で詳細で有用な項目について調査が行われています。

page: p1 p2

ページトップに戻る