R+house住宅のデザインを探る

(ページ:1/4)

34-7-13

「目に見えないものまでデザインする」

好きな事を好きな場所で好きな時に好きなだけ楽しみたい。
そんなオーナーのご要望にお応えしました。

はちゃめちゃ楽しい暮らし!
弾む会話!元気が出る色!心地よいBGM!
そして何よりも超シャイニングなオーナー家族!

そんな家族のスタイルを暮らし方(間取り)に変換します。

デザインって形があるものだけをイメージしがちですが、
決してそれだけではありません。
スタイルや住まい方などを深く深く考えると、
目に見えないものにもデザインは必要となります。
例えば、BGMがあるのと無いのでは、
食事の時間を楽しく過ごせるかどうかが変わってきます。
例えば、リラックスできる香りがあるのと無いのでは、
ゆっくり落ち着いて睡眠が出来るかどうかが変わってきます。
例えば、住宅ローンが月々5千円高いのか安いのかでは、
月に一回、家族で楽しい外食の時間にあてられるかどうかが変わってきます。
このような内容には、全て形はありません。
だけど、家族のスタイルを暮らし方(間取り)に変換するということは、そこまでひっくるめてライフスタイルをデザインするということになるのです。

34-7-12

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る