リライフクラブ 初代「住宅FPグランドマスター」に聞く
〜グランドマスターになってからの活動、「プロの相談者」のポジション確立〜

(ページ:1/4)

このたび、去る4月のリライフクラブ全国大会で初代グランドマスターに選出された株式会社グローイングの代表取締役社長 大田康之様に、グランドマスターになってからの変化やその後の活動の様子などをお聞きしてきました ――

「グランドマスター」で集客力がアップ

HyAS「改めてグランドマスターへの選出、おめでとうございます。その後、称号を活用されていますか。」

大田社長(以下敬称略)「ありがとうございます。自分で自分を価値づけするというのはなかなか難しいですけどね…。いただいた楯は飾っています。あと、グランドマスターに選ばれて、いくつか記事に書いていただいたので、ホームページにその記事を載せさせてもらっています。皆さん、ホームページは見ますからね。以前から地元でラジオ番組をしているんですが、実は大会の前に、『頑張ってきます』と伝えていて、晴れてグランドマスターになれたので、報告もしました。DJからも“ 初代グランドマスター”として紹介してもらいました笑」

HyAS「 具体的にどのような反響がありますか。」

大田 「初めて会うお客様もよくホームページを見ていて、『表彰されていましたね』と言っていただけます。そうすると、初めから資金相談のプロとして見ていただけるのですごくやりやすいですね。あと、賢い家づくり勉強会の集客力と次回資金相談のアポ率があがりました。講師は各地でやらせてもらっていますが、チラシなどでも“グランドマスター”として紹介してもらっていて、インターネットで調べたらホームページにも出てきますから効果があります。そういうところで箔付けできています。お客様からの見られ方が変わりましたし、立場を示しやすくなって信頼を得やすくなったと思います。」

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る