シリーズ眼を養う#007
R+house 住宅のデザインを探る

(ページ:1/5)

38-7-5

小高い丘に建つ白い積木(住宅)

当該分譲地は前面道路より2M程の段差があり、造成計画から慎重なハンドリングを求めらました。

解としては、可能な限り現敷地形状を活かすのが望ましいと考え、擁壁を最小限にとどめることにより、コンパクトな平地に30坪の住宅を導き出しました。

他方で周囲は、太陽光パネル設置のみに注力する住宅で埋め尽くされ、どれもこれもが南面に対して大きな屋根を設置し画一的な雰囲気になっていました。

クライアントには同様な雰囲気を持たない様ランドマーク的な住宅を求められました。

結果的に小高い丘の上に白い積木がそっと置いてある様な住宅が完成しています。

内部構成は吹抜け空間のリビングダイニングを有し、上階吹抜けに面してスタディーコーナーを配置。

上下階の気配を空間的に繋げてます。

1階の所要室はLDK+畳コーナーで構成し、回遊性を持たせ行き止まりの無い空間づくりを心がけました。

その効果もあって、お子様達はいつでも駆け回って楽しんでる模様。

LDと繋がるデッキとも相まって家族4 人が楽しんで過ごせる住宅になりました。

page: p1 p2 p3 p4 p5

ページトップに戻る