WILL STYLE事業を、 戸建て事業の最強補完事業に!
~第10回目WILL STYLE 全国大会から。「勝ち残り戦略」としての戸建て賃貸事業という位置づけ~

(ページ:1/4)

はじめに。最強補完事業の重要性

いろいろな所で言われているように、長期的にみれば人口・世帯数の減少による住宅需要の減少、短期的にみても消費税増税前の駆込み需要の増加と増税後の反動減少の予測など、新築一戸建て事業を取り巻く環境は、従来のように安定的な成長が見込めるとは言いきれません。そうした中で地域密着の中堅・中小工務店が勝ち残ってゆくには、まずは主力である新築一戸建ての商品の競争優位を高めることはもちろん、原価管理の精度を高める安定的に利益を生み出す力をつけ、自社事業の持続可能性を高める人材投資などの取組を行うことが重要な施策となります。しかし、さらに加えるべき選択があるとすれば、それは「競合優位性が高くしかも収益性も高い“強い補完事業”」をきちんと準備し、実施体制を整えておくことも有効な選択であると私たちは考えます。

39-5-1

昨年11月10日に東京で開催されました戸建賃貸事業・WILL STYLEネットワークの第10回全国大会は、「勝ち残り戦略としての戸建て賃貸事業」を確立、成功に導くヒントを共有する場として開催されました。今回のHyAS Viewでは、さまざまな地域で戸建て賃貸事業に積極的に取り組まれている各社様の事例総括を通じて、中堅・中小工務店の勝ち残り戦略の一つとしてのWILL STYLE事業を紹介いたします。

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る