CMSの収益性強化の威力
新築受注量下り坂時代を勝ち抜くために必須の「変動費コストダウン力」
~簡単に落とせる変動費のムダ、知らないうちに上がる変動費の監視~

(ページ:1/3)

はじめに

ご覧になったことがあるかもしれませんが、図表1は野村総研による2025年までを視野にいれた新築住宅着工の推移予測です。消費税増税による駆込みとその反動、さらには継続的な人口や世帯数の減少を背景に、新築住宅の受注量の減少傾向はじわじわと、しかし確実に続くと考えられています。

40-5-1

こうした状況への備えとして、「本業の収益性強化」ということが重要な施策であることは間違いありません。

私たちが考える「本業の収益性強化」とは、設備や技術など新たな投資を必要とする事だけではありません。むしろ現在の社内資源を活用するだけで、すぐに取り組める原価構造の分解とその見える化、そして経営層がきちんとモニタリングを通じて、適切かつ確実にコストコントロールを実践することであると考えています。

page: p1 p2 p3

ページトップに戻る