2050年。不動産ブローカーは必要なくなる?
求められる グッドパートナー「住宅不動産FPアドバイザー」の能力

(ページ:1/5)

住宅営業・不動産営業は「 消える職業」 か?

人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる―そんな衝撃的な予測をするのは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授です。そのオズボーン准教授が、同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員とともに著した『雇用の未来―コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が、世界中で話題となっています。702の職種すべてについてコンピューターに取って代わられる確率を詳細に試算し、これから「消える職業」「なくなる仕事」とは何なのか、を著しました。実は、そこには不動産営業(不動産ブローカー)も取り上げられています。

41-1-1

ただの商品紹介、物件紹介しかできなければ、なくなる仕事といわれるのも無理はありません。しかし全てロボットに代わるかというとそうではなく、むしろ住宅不動産という個人の財産の大半を占める資産の形成において、信頼できるアドバイザーは重要な役割を持つ存在となるはずです。私たちは、自身の将来のためにも、必要としてもらえるサービス、またそれを提供できる営業能力とはいかなるものか考えるべきなのです。

page: p1 p2 p3 p4 p5

ページトップに戻る