リフォーム営業。人生キャッシュフロープランニングが決め手
~「将来不安の払拭」で、早期契約と受注額拡大を実現~

(ページ:1/4)

見えない将来不安が予算を抑制させる

ご自宅のリフォームをご検討されるお客様が「この予算で実施したい」と言ってくる「予算」とはいったい何なのでしょうか?

おそらく「リフォーム工事で一時的に使ってもその後の生活には支障がない範囲」の金額をご自身で考えた上で出した数字ではないでしょうか。しかし、その額は貯蓄やこれから先の暮らしでの収入と必要な総額をきちんと把握した上での数字であるか? については、漠然とした見えない将来不安を考慮して決められた額だと考えられるので、どうしても抑え目の想定となる傾向となり、結果的に本当に実施すべきリフォーム工事には不十分な資金計画となりかねません。

こうした状況では、いくら消費者に対して良い提案をして受注額の引き上げを目論んだとしても、将来不安が何も解消されていないままでは、予算が引き上がる可能性は小さそうです。

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る