ハイアス総研レポートNo.8
「住生活基本法の見直し」と「宅建業法を一部改正する法律」の意味
見えてきた住宅建設業、不動産取引業から

(ページ:1/3)

はじめに

今まで当たり前と思っていたこと、あるいは慣れ親しんできたことが変わるタイミングでは、ルールの変更への対応に際して、誰にでも不安や負担感が生じるでしょう。ただ社会の構造が変わり、それまでのルールでは不都合が起こることが分かっているのであれば積極的に変え、それを受け入れてゆくことは必要であり、大切なことです。

2015年度、住宅不動産業界に関連する法律でも見直しや改正が行われました。中でも特に大きな改正や見直しは、「住生活基本計画(全国計画)」の見直し」(※3月閣議決定予定)と「宅地建物取引業法の一部を改正する法律案」(※閣議決定済み)でしょう。この二つの改正は、未来の豊かな住生活の実現とそれに寄り添う住宅不動産業のあり方を指し示す内容となっています。

page: p1 p2 p3

ページトップに戻る