「平成28年熊本地震」から5か月
激甚震災の中で暮らしを守ったR+house&HySPEEDユーザーの声を聞く

(ページ:1/4)

「平成28年熊本地震」と名付けられた大地震は、九州地方で初めて震度7を観測(国内でも4例)した地震であり、しかも一連の地震において震度7が2回(4月14日の前震、4月16日の本震)も観測された初めての観測事例となった地震でした。未曾有の大地震の発生から早いもので5ヶ月目を迎えようとしています。本誌の読者の皆様の大半は、住まいの提供を通じて生活者に安全と安心を届けることを職業上の責務としておられます。だからこそ、今回の震災の記憶をきちんととどめ、安心な住まいを提供することの大切さを改めて認識すべく、実際に地震を体験された市民の談話から、建物や地盤の「性能」に配慮することの重要性をお伝えしたいと考え、このレポートを企画しました。

1.熊本地震の概要

熊本地震に関する気象庁からの公式な報道発表もすでに「第41報」を数えました。

最新(執筆時点)の7月12日(10時現在)の発表には、「防災上の留意事項」として「熊本県から大分県にかけての地震活動は、減衰しつつも続いています。これまでの地震活動で揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が引き続き高まった状態ですので、今後の地震活動や降雨の状況に注意して下さい」との記述があり、また「地震活動の状況」として「4月14日21時26分の地震以降、7月12日10時00分現在、震度1以上を観測する地震が1,879回発生しています(震度7:2回、震度6強:2回、震度6弱:3回、震度5強:4回、震度5弱:8回、震度4:90回、震度3:283回、震度2:633回、震度1:851回)」と書かれています。発表からも、今回の地震は「今もまだ続いている」のだということがよく理解できます。

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る