AMSは不動産事業の「未来の当たり前」を提供するプラットフォーム
~システム+レベルアップと差別化のための機会提供が価値~

(ページ:1/4)

AMSと不動産仲介業務における「未来の“当たり前”」

不動産仲介業務において顧客満足を優先的に求めれば、営業に時間がかかる可能性が高くなり、一方で営業効率を重視すれば、顧客のなかに「買わされた」という感覚だけが残り、小さなことが不満となり、さらにはその後のクレームの発生源ともなりかねません。また、最近では、ICT技術の進化によって情報を持っていること、あるいは情報を独占することを背景とした「マッチング」は、遠くない将来においてAIに取って代わられ、付加価値を生みにくくなる行為となると言われています。そこで重要になるのは「ネゴシエーション」によって、お客様との間に「理解」・「共感」・「合意」を形成するプロセスと言われています。この過程を効果的にしかも効率的に行う支援こそが、将来の不動産仲介ビジネスに求められる武器であり、付加価値の源泉となるとハイアスは考えています。

AMS(エージェント・マスター・サービス)は、不動産仲介営業において高い顧客満足と効率性を両立させるために、地域ですでに露出している情報を一元的に集約するシステムです。ここだけを紹介すると、「マッチング」のための情報集約を支援する仕組みのように見えますが、実はAMSの導入によってより効果を発揮する機能の一つに「CMA」という高い顧客満足を得る営業マンのセールスステップをナレッジ化した機能を使うことで、経験の少ない営業マンの生産性を高める効果があります。

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る