シリーズ眼を養う#013
R+house 住宅のデザインを探る

(ページ:1/6)

44-8-5

「できますよ」

たくさんの夢と不安の中で、自分の希望が叶うか叶わないかひとつずつ手探りのお施主さま。その想いをしっかり受け止めることから、僕の家づくりは始まります。

家づくりに障害はつきものです。住まう人の想いと、叶う家が一致しないことも、少なからずあります。それは、法的な規制だったり、土地の形状だったり、ご要望と予算のギャップだったり、様々です。

土地75坪、建ぺい率40%

希望は平屋、ガレージ、広いLDK、和室。ここでの障害は厳しい建ぺい率の中に希望の空間をどう生み出すか、ということでした。

ただ、家づくりや暮らし方は、沢山の可能性も秘めています。複雑に絡みあう家づくりの要素を整理し、すべての要素が最大限に活かされる方法を見出して、最高の笑顔と暮らしをつくることが僕たちの仕事だと思っています。

そして、どんな形であっても、暮らすまで感じることのできない自然(光や風)は、言わずとも心地よいと感じてもらえるような空間に仕上げること。

完成後、幸せに暮らしています、の声が僕の家づくりのすべてです。

page: p1 p2 p3 p4 p5 p6

ページトップに戻る