「生涯顧客化」と「紹介獲得」の仕組みづくり
~10年後を見据えた“今、取り組むべき住宅事業のサスティナブル戦略” ~

(ページ:1/4)

国の方針から見る今後10年の住宅業界の市場動向

45-5-1

平成28年3月に閣議決定された住生活基本計画にもあるように、住宅不動産業界では住宅ストックビジネスの活性化が大きなテーマになってきます。また、同年5月に可決された改正宅地建物取引業法(宅建業法)も同様に、既存建物取引時の充実した情報提供を促進することで、既存住宅の流通促進を図ることを目的としています。

いずれの話も、住宅履歴情報管理が事実上義務化され、事業者にも顧客にも情報の重要性が高まる背景です。

図表1は今後10年の住宅業界の市場動向を示しています。過剰ストックや人口減少も重なり、新築住宅マーケットは求められる性能レベルも上がり、競争が激化することが予測されます。従来通りでは戦えなくなる市場の中で、自社の受注数を維持・拡大していくためにどのような準備をするかは、今後の新築住宅事業を展開する上でも経営者の重要な仕事です。

45-5-2

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る