2020年度の年間10,000棟体制へ。今年度のテーマは「組織づくり」
~第8回R+house全国大会から~

(ページ:1/5)

テーマは「組織づくり」

平成28年10月24日(月)、弊社が展開するアトリエ建築家とつくる高性能住宅ネットワーク『R+house』の第8回全国大会が開催されました。

事業開始から7年が経過し、R+houseネットワークは現在221社からなる住宅ネットワークへと拡大しています。今回ご報告する全国大会は、会員が一堂に会する年に1度の最大イベントです。当日は、R+house会員、アトリエ建築家、マスコミ関係者、業界関係者などあわせて600名を超える方々にご参加いただき、ゲスト講師による特別講演やセールスコンテスト、デザインコンテストなどの各種表彰など、大きな盛り上がりを見せる会となりました。R+houseは建築家の派遣数において前年比約2倍の成長率を示し順調に拡大し続けています。参加した会員にとってもネットワーク全体の更なる成長を感じられるものになっていたかと思います。


全国大会の研修風景

今回の全国大会のテーマは『組織づくり』です。昨年の第7回全国大会では、R+house事業を『システム(仕組み)からブランドへの転換』として打ち出し、この1年取り組んだ結果、「R+house」ブランドの認知度は高まってきました。そこで今大会では、我々がさらに高い次のステージに向かうために、重要なテーマとして「組織づくり(人材採用・育成)」を掲げました。ブランド化されつつあり、事業推進ノウハウも標準化され、ツール化・マニュアル化されたR+house事業を採用され、そのメリットを十分に生かして成長された会員の事例をご紹介します。

page: p1 p2 p3 p4 p5

ページトップに戻る