「住宅FP」がなくてはならない時代へ
~第1回 リライフクラブ地域研修会 3ブロックで開催~

(ページ:1/5)

リライフクラブ地域研修会とは

平成28年11月21日(月)に大阪、12月7日(水)に東京、12月12日(月)には名古屋において、第1回「リライフクラブ地域研修会」が行われました。各地から総勢200名弱の住宅営業パーソンにご参加いただきました。この研修は、会員の皆様からの「年に1度開催される全国大会だけでなく、地域ごとでも刺激を受けられる情報共有の機会を催して欲しい」という強いご要望を受け、初めて開催いたしました。地域研修会では、9名の会員様から日頃の営業成果事例をご発表いただきましたが、それぞれの事例には共通したメッセージが込められていました。

改めて認識すべき住宅FPの必要性

生活者の年収は上がりにくく住宅取得においても予算制約がかかりやすい状況です。さらに「今の収入はいつまで続くのか」「年金の受給は何歳から始まるのか」など不確実で漠然とした将来不安が消えない中で、「住宅FP」を通じ住宅取得検討者に将来の姿を可視化し不安を軽減し、「納得して」住宅購入していただける状態をつくることは、顧客に選ばれ、喜ばれる住宅営業パーソンには必要不可欠なことです。言い換えれば、「将来不安」を取り除く力がある住宅会社、不動産会社、住宅営業パーソンだけが今後は生き残っていくということです。

page: p1 p2 p3 p4 p5

ページトップに戻る