次世代省エネ対応もクリアした高い商品力と事業推進ノウハウを提供する
戸建賃貸建設事業ウィルスタイルネットワーク

(ページ:1/4)

住宅着工を牽引してきた賃貸住宅建設市場に大きな変化が

大手メーカーと競合しない狭小敷地活用策「戸建賃貸建設」事業

平成27年度の新設住宅着工戸数は92.1万戸でした。着工数を牽引してきたのは貸家着工です。貸家着工が好調な背景には、平成27年1月に相続税制の改正、さらに持家戸建着工数の伸び悩みと今後のさらなる市場縮小を見据えた大手ハウスメーカーをはじめとする建設事業者が賃貸分野に力を入れてきた結果と言えます。

しかし、地域によっては、集合住宅を中心とした賃貸住宅建設が地主に空室リスクとを負わせかねない市場となっています。また節税目的の賃貸建設投資も一巡感が出始めた昨今、そうした事業者都合だけで事業をできない地域密着の住宅会社として、大手の取組とは異なる賃貸住宅建設事業の検討が求められます。集合住宅系と競合せず、地主のリスク軽減の可能性が高く、さらに賃貸ユーザーにとっても受け入れられやすい分野として、もともと一戸建てとして利用されていた狭小地の活用は注目分野だと考えられます。

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る